[J1・19節]FC東京1-1新潟/7月30日/味スタ
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 5.5
?萩を1ボランチにした3-1-4-2の新システムを採用し、全体的にはうまく機能していたものの、ゴールを奪い切ることだけができず。

【PHOTO】ウタカの同点弾でFC東京が最下位新潟と引き分け
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5.5 
失点シーンはノーチャンスも、その後はことごとく水際で相手の攻撃を阻み続けた。
 
DF
2 徳永悠平 5.5 
ホニのスピードに手を焼きつつも、最後は体を張った守備で最少失点に留めた。
 
5 丸山祐市 5.5 
リベロの位置から広角に振り分けたが、序盤は相手の圧力に苦しむ場面もあった。
 
36 山田将之 5.5 
持ち前の高さと強さを生かし、J1デビュー戦も及第点以上の出来となった。
 
MF
8 高萩洋次郎 5.5 
攻守で負担があまりにも大きすぎる。攻撃的なポジションでも見てみたいが…
 
2 室屋 成 5.5 
運動量を生かしてアップダウンを繰り返したが、クロス、フィニッシュに精度を欠いた。
 
37 橋本拳人 5.5 
ゴール前に多く顔を出したが、クロスとかみ合わず、決定機は多くなかった。
 
7 米本拓司 5.5(75分OUT)
ドイツ遠征に帯同しなかったため、新システムはほぼぶっつけ本番。今後に期待。
 
25 小川諒也 5.5 
運動量とフィジカルの強さを前面に出す新システムとのマッチングは上々。
FW
9 ピーター・ウタカ 6(79分OUT)
さすがの決定力だが、彼の背後を狙う動きをチームとして生かしたかった。
 
23 中島翔哉 5.5 (84分OUT)
ゴールまであと一歩と迫ったが、シュートがポストを叩くなど運もなかった。
 
交代出場
MF
21 ユ・インス 5.5 (75分IN)
インサイドハーフは似合いのポジション。FWとしての決定力が生きればブレイクの予感。 
 
FW
20 前田遼一 ― (79分IN)
終盤の投入でチャンスは限られたが、87分にはこぼれ球に素早く反応しシュートを放つも決まらず。
 
FW
15 永井謙佑 ― (84分IN)
ハイライトは?萩のスルーパスに抜け出した92分の場面。相手DFを置き去りにして左サイドから柔らかなクロス。室屋の決定的なヘディングシュートは決まらなかったが、少ない時間でも存在感を発揮できることを証明。
 
監督
篠田善之 5.5 
新システムはまずまず。安定的に勝点を積み上げるためには精度と質の向上は必須。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
新潟 5.5
新加入の大武、磯村を短期間でフィットさせ、ディフェンス面では中央が安定していた。攻撃面では助っ人頼みの印象が強かった。
 
 
【新潟|採点・寸評】
GK
21 守田達弥 6.5 
失点は味方に当たってコースが変わる不運もあった。果敢な飛び出しで多くのピンチを阻んだ。
 
DF
8 小泉 慶 5.5 
同じ流経大柏高卒の小川との対決は見応え十分。前線終了間際には果敢な攻め上がりを見せた。
 
44 大武 峻 5.5 
エリア内で必死に足を伸ばして得点を封じたが、失点シーンはブロックが数センチ届かず。
 
4 ソン・ジュフン 5.5 
試合の流れが相手に傾くなか、集中した守備で何度も東京の攻撃をはね返し続けた。
 
27 堀米悠斗 5.5 
チームがボールを保持する時間が短く、自陣でプレーする時間が続いた。
 
MF
6 磯村亮太 5.5 
移籍後初出場もコンビを組んだロメロ・フランクと連係し、前半はうまく中央を固めた。
 
30 ロメロ・フランク 5.5 (89分OUT)
序盤から激しいプレーで攻守に貢献したが、時間の経過と共に足が止まる。
 
19 矢野貴章 5.5 
縦横無尽に動き回ってボールを引き出したが、徐々に守勢に回る時間が続いた。
 
10 チアゴ・ガリャルド 6 (77分OUT)
ダイビングヘッドで早い時間帯にチームを勇気付ける貴重な先制点を奪う。
 
7 ホニ 6
圧倒的なスピードで攻撃を牽引。先制点をアシストしたFKは完璧なボールだった。
FW
16 平松 宗 5.5 (71分OUT)
序盤は積極果敢なプレスが利いていたが、前線で孤立する時間が長かった。
 
交代出場
FW
32 河田篤秀 5(71分IN)
途中出場で前線に入ったが、チームは守備に回り、大きな存在感を放つことはできなかった。
 
MF
20 端山 豪 ―(77分IN)
T・ガリャルドに代わって投入されるも流れを変えることはできず。
 
MF
26 酒井高聖 ―(89分IN)
運動量の落ちたR・フランクに代わり、終盤のディフェンスを引き締め、最低限の勝点1獲得に貢献。
 
監督
呂比須ワグナー
攻撃面は今後の課題も守備意識を高め、最少失点に留めた。新戦力の大武、磯村もうまくチームにフィットさせた。
 
取材・文:馬場康平(フリーライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。