[日本クラブユース選手権(U-18)・準決勝]浦和ユース 2-0 山形ユース/7月31日(日)/味フィ西
 
 高校生年代のクラブユース日本一を決定する「日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」の準決勝第1試合が7月31日に行われ、浦和ユースが山形ユースを2-0で下した。第2試合の川崎U-18とFC東京U-18の勝者と決勝戦を戦うこととなる。
 
 日陰で動かずとも汗が滲む酷暑のなかでキックオフ。浦和ユースが3-4-2-1、山形が4-4-2の布陣を敷いた。序盤からボールを握ったのは最終ラインから丁寧にパスをつなぐ浦和ユースだった。
 
 しかし相手の粘り強い対応に攻め手を欠き、一進一退のままゲームは進行。そんななか、17分に浦和ユースが先制点を奪う。右サイドからのCKに井澤春樹がドンピシャで合わせてゴールネットを揺らした。
 
 19分にはシマブク・カズヨシのパスから荻原拓也がドリブル突破。ただし、シュートはゴールマウス右へと逸れた。
 
 25分に早々と交代カードを切った山形ユース(樋口蓮に変えて吉田樹を投入)も35分に左サイドでの小気味良いパス交換から大チャンスを迎えるも、浦和守備陣のブロックによって同点とはならなかった。
 
 後半が始まると、主導権を取り返そうと51分に山形ユースがふたり目の選手交代(仲嶋翔太から大友千裕)。その3分後には浦和ユースも大西翔也に代えて北村龍馬を途中出場させる。
 
 それに合わせてペースアップしたのは後者だった。ゆったりとボール回しするシーンがあると思えば、ペースアップしてサイドを崩しに掛かる。特に左ウイングバックに入った荻原が躍動。幾度も深い位置から鋭いクロスを供給した。
 
 山形ユースも負けじとFKやCK、そして加藤雅也のロングスローなどセットプレーから相手ゴールに迫る。だが、決定打は生まれない。その後はお互いに数本のチャンスを作ると、最後の最後にスコアが動いた。
 
 ロングカウンターでシマブクが長い距離を疾走。右サイドから中央へとボールを送ると、これもサボらずに長距離をフリーランしていた関根束真が冷静にゴールへ流し込んで、トドメの2点目。その後に数プレーを経て、終了のホイッスルが鳴った。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)