J2リーグは7月29日・30日、各地で25節の11試合が行なわれた。
 
 首位・湘南はホームで、3位につける徳島との大一番に挑んだ。優勝のためにお互いに負けられない戦いは、序盤から激しい試合展開となる。細かくパスをつなぐ徳島に対し、湘南は前線からプレスを強め、カウンターを狙うスタイルで相手ゴールに迫る。しかし、前半はゴールが生まれず、スコアレスで後半へ。ゲームが動いたのは48分、クロスボールを湘南の齊藤未月が落とすと、ジネイが落ち着いてゴール左隅に流し込み、湘南が先制。さらに66分、秋野央樹が徳島を突き放す追加点を決め、結局2-0で湘南が上位対決を制し、貴重な勝点3を手にした。
 
 6位の名古屋は19位に沈む熊本とアウェーの地で対戦。名古屋は青木亮太の巧みなドリブルからゴールを奪うと、その1点を最後まで守り抜き1-0で勝利。プレーオフ出場圏内である6位をキープした。
 
J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
7月29日(土)
水戸 3-2 東京V(Ksスタ)

松本 4-0 金沢(松本)

讃岐 0-1 大分(ピカスタ)

福岡 2-0 山形(レベスタ)

町田 0-2 京都(町田)

湘南 2-0 徳島(BMWス)

山口 1-2 横浜FC(維新公園)

愛媛 1-0 千葉(ニンスタ)

7月30日(日)
岐阜 2-0 群馬(長良川)

岡山 2-0 長崎(Cスタ)

熊本 0-1 名古屋(えがおS)