バルセロナのネイマールは、いよいよパリ・サンジェルマン移籍に迫っていると言われている。パリではすでにお披露目に向けた準備も進められているようだ。
 
 アメリカでのプレシーズンツアーを終えたネイマールは、バルサのスポンサー関連のイベントで中国を訪れている。一部では、このままバルセロナに戻ることなく、カタールでパリSGのメディカルチェックを受けると報道されている。
 
 連日のように騒がれているネイマールの去就騒動は、早ければ一両日中に決着をみるとの声もある。『beIN SPORTS』の中東版も現地時間8月1日、「ネイマールがバルサを離れることを決断した」と報じた。
 
 パリSGがネイマール獲得のため、2億2200万ユーロ(約284億円)という莫大な契約解除金を支払う予定だというのは周知の通りだ。実現すれば、昨夏のポール・ポグバを上回る“史上最高額移籍”となるだけに、当然、パリSGはそれに相応しい舞台を演出してネイマールを迎え入れようと考えている。
 
 フランス紙『レキップ』やスペイン紙『マルカ』、『アス』などが報じたところによると、パリSGは地元の名所エッフェル塔を背後にネイマールをファンにお披露目する狙いだという。エッフェル塔をフレームに収める絶好ポイントであるトロカデロ広場でのイベント開催を目指して現在、関係各局と協議しているそうだ。
 
 トロカデロ広場といえば、2012年にパリSGがズラタン・イブラヒモビッチの入団お披露目を行なった場所でもある。クラブはネイマールのお披露目を「王様」イブラヒモビッチと同等、いや、それ以上のイベントにするつもりかもしれない。
 
 最後まで何があるか分からないのが、昨今の移籍市場である。しかし、サポーターはすでに、エッフェル塔を背後にパリSGのユニホームを手にするネイマールの姿を想像しているはずだ。そして彼らは、ネイマールがイブラヒモビッチ以上のタイトルをチームにもたらすことを期待しているに違いない。
 
 はたして、そんなパリジャン&パリジャンヌたちの願いは届くのか? ネイマールの動向から目が離せない。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ