自分のミスは自分で取り返す――。
 
 この想いを胸に、日大藤沢2年生MFの梶山かえでは、ピッチの上を最後まで縦横無尽に走り回った。
 
 梶山はボランチとして攻守の要となる存在だが、ベスト4入りを懸けた準々決勝の旭川実戦の立ち上がり、痛恨のミスを犯してしまう。11分、自身の不用意なプレーからショートカウンターを浴び、最後は旭川実MFの中田怜治に豪快なミドルシュートを決められてしまった。
 
 だが、ここから梶山は意気消沈するのではなく、気迫溢れるプレーを見せたのだった。
「中盤の出来が日藤の鍵を握っている。僕がダメだったら、チームのバランスは崩れてしまう。だからこそ、落ち込んでいる暇はなかった」
 
 自分の心が折れるということは、チームのバランスが壊れるということだ。この自覚が不動のボランチの背中をより強く押していた。運動量を上げ、攻撃的な両サイドバックが攻撃参加をすると、そのカバーリングに走った。スペースを消して、カウンターケアをするだけでなく、マイボールになった瞬間には攻撃のギアを入れて、前線のアタッカーに絡んでいく。この獅子奮迅の動きには、「絶対に取り返す」という強い気迫が感じられた。
 
 この梶山の気迫が周囲の味方に伝わったのか、日大藤沢イレブンの動きも徐々に活性化。30分には中央でFW柏木純が、左サイドをオーバーラップしたDF中村翔輝に展開すると、中村はそのままドリブルで左サイドを突破して中央へ折り返す。このボールをFW桐蒼太がヘッドで押し込んで、日大藤沢が同点に追いついた。
 
 後半に入り、さらに攻撃の手を強める日大藤沢は、後半14分にFW比留間輝に代えて屈強なストライカーの三田野慧を投入すると、同23分には桐に代えてFWギブソン・マーロンを投入。今大会でハマりにハマっている『必勝リレー』でさらに畳み掛けた。
 
 チーム全体が攻撃的な姿勢になるなか、梶山は慎重にバランスを取りながらプレーするが、「僕が上がることで、前の人たちがプレーしやすくなる。よりチームとして前に出るなかで、自分が後ろ、後ろとならずに行ける時は行こうと思っていた」と、チャンスを伺いながら要所でスプリントして前線へ駆け上がった。
 
 そして、この姿勢がついに結実する。試合終了間際の後半35分、右CKを得ると、中村の蹴ったボールはMF小屋原尚希の頭を経由し、ファーサイドでフリーになっていた梶山の下へ。梶山は確実にボールを頭でインパクトして、ゴールに押し込み、チームに逆転ゴールをもたらした。このゴールが決勝点となり、日大藤沢がベスト4へ駒を進めた。

「梶山が必死でプレーをして取り返してくれた。下を向くことなく、ひたむきな気持ちが引きつけたゴールだった」
 
 試合後、佐藤輝勝監督が目を細めたように、自らのミスを取り返そうと、攻守両面で獅子奮迅のプレーを見せたからこそ、最後の最後で梶山の下にボールがやって来た。彼の気迫、気持ちが引き寄せたゴールだと言っていいだろう。
 
「今年は自分が後ろをカバーしながらも前に行って、チャンスに絡んだり、周りにスペースを作るプレーを意識するようになりました。少しでも周りの負担を減らすプレーができればと思っています。自分がしっかりしないといけないポジションなので」
 
 梶山は今年、ふたつの点に磨きをかけた。ひとつは献身的なプレー。もうひとつはその過程で育まれる『ひたむきな心』であった。このひたむきな心が、立ち上がりのミスから自らを奮い立たせ、最高の結果につなげたのだった。
 
 次なる相手は前回王者の市立船橋。名門・市船のエースとして、準々決勝の長崎総科大附戦で2ゴールを挙げたFW福元友哉は、横浜F・マリノスジュニアユースのひとつ上の先輩でもある。
 
「ずっと意識している先輩です。中学時代は途中から入って確実に流れを変えて、いつの間にかチームの中心でプレーする選手でした。凄い人だと思っていて、市船に入ってからもずっと気になっていました。対戦できることは嬉しいし、チームの目標は日本一なので勝ちたい」
 
 しかし、次の試合で福元は累積警告により出場停止。待ちに待った先輩・後輩対決は叶わなかったが、梶山は準決勝でも攻守に渡る献身的なプレーとともに、『ひたむきな心』をさらに磨き上げていく。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)