J1のヴァンフォーレ甲府は8月3日、所属する道渕諒平が知人女性への暴行容疑で逮捕・拘留されていた件で、同選手が8月3日に処分保留のまま釈放になったことをクラブリリースで発表した。

 クラブは、道渕に対する司法の処分がまだ決まっておらず、任意の捜査は継続中としている。このため、クラブとして当面のところ、本人を謹慎処分として、今回の件に関するクラブからの正式な処分は、司法の処分決定後に、道渕本人に事情聴取したうえで決定するとしている。

 今回の不祥事に関しては、7月29日に行なわれたアウェーでの鹿島戦後に、吉田達磨監督も「クラブの選手の道渕諒平が、いま逮捕・拘留されているという件で、本当に応援してくれている皆様、サッカー界、それを取り巻く皆様、あとは社会的な責任、そういったものも含めまして、現場の責任者として、まず一言お詫びをしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした」と、謝罪の言葉を述べている。