レアル・マドリーのFWクリスチアーノ・ロナウドは、やはり脱税問題からイングランドへの復帰を望んでいるのかもしれない。スペイン『カデナ・セール』が伝えた。
 
 スペイン検察は、C・ロナウドが2011年から14年にかけて、肖像権収入のうち総額1470万ユーロ(約18億8000万円)を脱税したとして起訴した。一貫して潔白を強調してきたポルトガル代表FWは、現地時間7月31日の裁判に出廷。声明で改めて無実を訴えている。
 
 現地メディアによると、C・ロナウドは裁判で「自分の名前がC・ロナウドでなければここにはいなかった」と発言。当局から不当な扱いを受けていると不満を表わしたという。だが、カデナ・セールによれば、C・ロナウドはさらに、スペインからの移籍を望んでいるとまで発言したという。
 
 カデナ・セールの報道として『マルカ』紙が伝えたところによると、2003年から09年までマンチェスター・UでプレーしたC・ロナウドは、「イングランドでは問題を抱えたことがなかった。だから僕は戻りたいんだ」と、プレミアリーグ復帰希望を匂わせたという。
 
「イングランドに移籍したときに、あそこで(税金処理が)どうなっているかを言われた。18歳でマンチェスターに移籍して、ほかの選手たち同様に最善のメカニズムを助言してもらったんだ。スペインでは、問題にならないようにもっと払うようにと指示した」
 
 さらに、C・ロナウドは「どこに行っても払うべきものは払う。真実は常に明らかになるものだからだ」と、脱税行為を考えたことはないと強調している。
 
 この裁判の翌日、C・ロナウドはインスタグラムに自らが光に包まれているかのような写真を掲載。「人々を煩わせているのは僕の輝きだ。昆虫が攻撃するのは、輝く光だけ!!」とコメントしており、これはスペイン当局への不満ではないかと見られている。
 
 この夏、C・ロナウドが起訴されたことで、R・マドリー退団を希望していると騒がれたのは記憶に新しい。その後、残留する方向と見られたが、本人はいまだ“脱スペイン”を検討しているのだろうか。欧州の移籍マーケットは8月31日まで開いており、古巣マンチェスター・Uはもちろん、最近はミランも引き抜きを画策しているとの情報もあるが、はたして……。