J1リーグ 21節
ベガルタ仙台―ジュビロ磐田
8月9日(水)/19:00/ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台
今季成績(20節終了時):13位 勝点22 6勝4分10敗 23得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●広島から清水に期限付き移籍中のMF野津田がレンタル移籍で加入。
●DF常田が大分へ育成型期限付き移籍。
●新加入のDFヴィニシウスは登録の関係で今節も出場できない。
●前節ベンチのクリスラン、蜂須賀、佐々木がスタメンの可能性も。
 
【担当記者の視点】
 前節、鹿島戦は濃霧の影響もあり、前・後半の終盤に集中を欠いて失点。攻撃でもシュート1本に終わり、無得点で0-2の完敗を喫した。
 
 ここ2戦はリーグ前半戦で課題になっていた守備面の改善に着手したが、無失点で試合を終えることができていない。加えて、前半戦で成熟させてきたポゼッションサッカーも鳴りを潜め、攻撃力も低下している。
 
 そのため、今節は攻守のバランスを保つことが求められる。スタメンは2試合勝ちなしでパフォーマンスも低調なことを踏まえれば、クリスラン、蜂須賀、佐々木などにも先発のチャンスがあるだろう。
J1リーグ 21節
ベガルタ仙台―ジュビロ磐田
8月9日(水)/19:00/ユアテックスタジアム仙台

ジュビロ磐田
今季成績(20節終了時):7位 勝点34 10勝4分6敗 32得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●上原が前節の広島戦で今季リーグ戦初出場。
●広島戦後、ポーランドに移籍する松井の歓送セレモニーを実施。
●川辺&ムサエフが復帰。 

【担当記者の視点】
 広島に敗れ、連勝が6でストップ。指揮官も選手たちも下を向いてはいないが、「ここで連敗してはいけない」と、気を引き締める。連勝中も、「自分たちはまだ絶対的な強さは持っていない」と選手たちは口を揃えていた。ひとつの敗戦でズルズルと調子を落さないためにもこの仙台戦で勝利し、勢いを取り戻したい。
 
 前節、出場停止だったボランチの川辺とムサエフが復帰する。夏の暑さで疲れの出てきた選手もいるが、先発は連勝中のメンバーになりそうだ。仙台には2節のホームゲームで0-1で敗れている。その時と現在の違いを見せたい。