J1リーグ21節
北海道コンサドーレ札幌 − 横浜F・マリノス
8月9日(水)/19:00/札幌ドーム
 
北海道コンサドーレ札幌
今季成績(20節終了時):15位 勝点19 5勝4分11敗 19得点・31失点
 
【最新チーム事情】
●GKク・ソンユンが出場停止明け。
●前節欠場の宮澤、ジェイのベンチ入りが濃厚
●横山を欠く守備陣の奮闘に期待
 
【担当記者の視点】
 前節は前半のうちに3失点を喫してC大阪に完敗。順位は再び15位に後退した。そのなかで光明としたいのは、前節は累積警告で出場停止だった守護神のク・ソンユンの復帰と、左足首痛で同じく前節を欠場したキャプテン宮澤の回復。宮澤もこの試合で復帰を果たしそうで、さらにジェイもベンチ入りする見込みだ。
 
 最終ラインは横山が負傷離脱してしまい、その影響からか前節は守備面での積極性を欠き3失点。新たに仙台から獲得した石川はまだ出場できない。前節は先発した韓国人MFのキム・ミンテもこの試合は外国人枠の関係で欠場となる可能性が高い。守備面は不安材料が目立つが、チームの総合力を発揮して、なんとか横浜の攻撃陣を封じたい。
J1リーグ21節
北海道コンサドーレ札幌 − 横浜F・マリノス
8月9日(水)/19:00/札幌ドーム

横浜F・マリノス
今季成績(20節終了時):4位 勝点37 11勝4分5敗 27得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●金井が累積警告で出場停止。右SBには松原が入る見込み。
●新潟戦で先発した前田に対して、指揮官は高い評価を与えている。引き続きトップ下で先発する可能性が高い。
 
【担当記者の視点】
 前節・新潟戦に2-0で勝利し、これでリーグ戦は10戦無敗(7勝3分)。自慢の堅守をベースに、安定感のある戦いで着実に勝点を積み重ねている。
 
 今節の注目は、トップ下で2試合連続の先発が見込まれる前田だ。ゲームメーカーというより、フィニッシャーとしての仕事ぶりをより期待できるレフティがどれだけ多くの決定機に絡めるか。その鋭い嗅覚で勝点3を引き寄せたい。