J1リーグ 21節
ヴァンフォーレ甲府 − 浦和レッズ
8月9日(水)/19:00/山梨中銀スタジアム
 

ヴァンフォーレ甲府
今季成績(20節終了時点):14位 勝点19 4勝7分9敗 11得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●前節、G大阪に勝利で11試合ぶりの白星。
●スタメンは前節のメンバーを継続か。
●新加入のリンスは次節以降のデビューか。高野は今節にベンチ入りも。
 
【担当記者の視点】
 前節、G大阪に1-0で勝利。7戦ぶりのゴールで11試合ぶりの白星と、長かったトンネルをようやく抜け出せた。
 
 また、88分の決勝弾も、今季のウイルソンにとって流れの中からのリーグ初ゴール。チームが上方修正された最大の要因は「陣形をコンパクトに保つこと」にあり、ウイルソンのゴールも味方のサポートがあったからこそ生まれたものだった。
 
 前節スタメン起用の河田、新井、島川は今節も先発だろう。G大阪戦では、コンパクトな陣形を作るうえで彼らの抜擢が奏功したが、やはり格上となる浦和戦でも同様の働きを期待したい。 
J1リーグ 第21節
ヴァンフォーレ甲府―浦和レッズ
8月9日(水)/19:00/山梨中銀スタジアム

浦和レッズ
今季成績(21試合終了時):8位 勝点30 9勝3分9敗 47得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●ドイツへの移籍決定の関根がメンバー入り。
●非公開練習で守備の整理が続く。
●武藤は「前線で相手を1枚はがせるかがポイント」と語る。
 
【担当記者の視点】
 6日に関根のドイツ2部・インゴルシュタットへの移籍が発表された。10日に渡独する合意をしており、甲府戦はメンバー入りする見込み。とはいえメディカルチェックを受けるため、起用法に関しては難しい判断になりそう。本人は「甲府戦までは浦和の選手」と話している。
 
 前節に大きなミスで失点に絡んだ宇賀神の起用法はどうなるか、堀監督の判断が問われる。試合前2日間の練習を非公開にしたが、選手はチーム全体での組織的な守備とチャレンジ&カバーをポイントにしていると話していた。
 
 甲府は22失点と堅守を武器にし、カウンターを狙ってくる。武藤は「前の選手が1枚はがせるか。ブロックをこじ開けたい」と、新体制での初勝利に意欲を示した。