J2リーグ・26節
8月5日/19:03/京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場/5,544人
京都 1-1 岡山
前半 0-1
後半 1-0
得点者/京都=K・オリス(90+4分) 岡山=パク・ヒョンジン(13分)
 
【採点理由】
京都の中盤から前線は、攻撃時の連係が噛み合っていなかった。対して守備陣は、セットプレーから1失点したものの、粘り強い守りを披露。なかでも、再三サイドを攻め上がり、CKから同点弾をアシストした石櫃の働きが光った。
 
【チーム採点】
京都 5.5
岡山 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
石櫃洋祐(京都)
 
【京都|選手採点】
GK
1 菅野孝憲 5.5
 
DF
4 田中マルクス闘莉王 6
6 本多勇喜 6
15 染谷悠太 6
26 下畠翔吾 5.5
30 石櫃洋祐 6.5
 
MF
5 吉野恭平 5.5(57分OUT)
22 小屋松知哉 5.5(78分OUT)

FW
10 エスクデロ競飛王 5.5
13 岩崎悠人 5
31 大黒将志 5.5(61分OUT)
 
交代出場
MF
8 ハ・ソンミン 6(57分IN)
 
FW
9 ケヴィン・オリス 6.5(61分IN)
 
FW
16 イ・ヨンジェ −(78分IN)
 
監督
布部陽功 5.5
 
 
【岡山|選手採点】
GK
22 一森 純 5.5
 
DF
19 片山瑛一 6
6 竹田忠嗣 6
14 喜山康平 5.5
 
MF
2 澤口雅彦 6
27 塚川孝輝 6
16 関戸健二 6
17 パク・ヒョンジン 6.5
 
FW
8 石毛秀樹 6(61分OUT)
24 赤嶺真吾 6(36分OUT)
7 伊藤大介 6(87分OUT)
 
交代出場
FW
20 藤本佳希 5.5(36分IN)
 
MF
5 渡邊一仁 6 (61分IN)
 
DF
3 久木田紳吾 −(87分IN)
 
監督
長澤 徹 6
 
 
取材・文:雨堤俊祐(サッカーライター)