[J1リーグ21節] 柏 0–0 鳥栖/8月9日/柏
 
 ともに決め手を欠いた試合は、スコアレスドローに終わった。

【柏 0-0 鳥栖 PHOTO】両チームともチャンスを活かせずスコアレスドローに終わる

 柏は、チームの躍進を支えてきた手塚康平を故障で欠き、小林祐介が先発出場。一方、前節に勝利を収め今季初の2連勝を飾った鳥栖は、豊田陽平が2試合ぶりにスタメン復帰を果たした。
 
 8分、鳥栖はビクトル・イバルボが左サイドから鋭いクロスを供給するが、豊田は合わせることが出来ず、GKの中村航輔に阻まれる。
 
 17分、鳥栖は右サイドを突破した原川力のクロスがV・イバルボに渡るもまさかのミス。右足のシュートを吹かしてしまい、Jリーグ初ゴールはお預けとなる。
 
 27分、柏は輪湖直樹の左足のクロスに伊東純也が頭で合わせるが、鳥栖DFのブロックに遭い、ボールはクロスバーを越えてしまう。
 
 柏はボールを支配するものの、鳥栖に自陣でブロックを敷かれ、決定的なチャンスを作ることができない。
 
 アディショナルタイムに入り45+1分、キム・ボギョンのスルーパスを受けたクリスティアーノが決定機を迎える。しかし、右足のシュートはGKの権田修一に防がれる。前半は0-0のまま折り返す。
 
 後半に入り50分、鳥栖は水野晃樹を下げ青木剛を投入。4バックから3バックにシステムを変更する。
 
 さらに58分には、豊田に代えてチョ・ドンゴンがピッチに入り、前線でV・イバルボと2トップを形成する。63分、鳥栖はイバルボのクロスに三丸拡が合わせるが、GKの中村にキャッチされる。
 
 70分、鳥栖はV・イバルボのクロスにチョ・ドンゴンが合わせるも枠を捉えきれない。74分にもV・イバルボが個人技で決定機を作り出すが、左足のシュートはGK中村のセーブに遭いゴールはならない。
 
 67分、柏は小林に代わりハモン・ロペスをピッチに送り込む。79分には輪湖直樹に代えて古賀太陽を投入する。
 
 80分、柏はカウンターから伊東が抜け出し1対1のチャンスを迎えたが、シュートは枠を捉えきれず決定機を逃してしまう。90分、ディエゴ・オリヴェイラがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となる。
 
 さらに、柏は90+5分、V・イバルボを倒したキム・ボギョンも、この試合2枚目の警告を受け退場。9人での戦いを強いられる。
 
 試合はこのまま0-0で終了。両チームとも守備陣が高い集中力を見せてゴールを割らせず、互いに勝点1を分け合うことになった。