[J1リーグ21節]清水3−2C大阪/8月9日/アイスタ
 
 清水に敗れたC大阪のユン・ジョンファン監督が、試合後のフラッシュインタビューで「最悪の試合だった」とこぼした。それもそのはず。C大阪は2−0で前半を折り返しながら、後半に3失点して逆転負けを喫したのだ。

【清水 3-2 C大阪 PHOTO】北川の2発で、清水がホームで逆転勝利!杉本は不発・・
 
 暫定首位だったアウェーチームは、24分に山村和也、33分に木本恭正と立て続けにゴールを挙げて2点をリードする。しかし、後半に守備が瓦解。51分に金子翔太にPKを沈められ、60分、73分と北川航也にもゴールを奪われた。
 
 この敗戦で鹿島に抜かれ、C大阪は暫定首位から陥落。ユン・ジョンファン監督は、冒頭の言葉に続いて「前半は上手く試合を運んでいたが、後半は見せてはいけない姿を見せてしまった」とコメントし、「得点よりも失点のほうが問題。選手は暑い天候のなか、メンタル面の弱さが見えてしまっている」と嘆いた。