[J1第21節] 神戸 1-2 鹿島/8月9日/ノエスタ/19,039人
 
 これぞエースの仕事ぶりだった。
 
 69分、鈴木のクロスを中村が落としたところを、狙いすました右足シュートでネットを揺らす。そして86分、レアンドロのスルーパスに抜け出すと、キム・スンギュとの1対1を制し、ゴールに流し込んだ。
 
 勝点3をもたらす2ゴール。これで今季8得点目を記録し、P・ジュニオールを抜いて、チームの得点ランクでトップに立った。
 
 試合後のインタビューでは、「このピッチでどうしても勝たないといけない理由があったので、しっかりできて良かったと思います」とコメントしていた金崎のもとには、一部報道にあるとおり、この日の敵、神戸から獲得オファーが届いていたようだ。
 
 金崎自身、いろいろな想いがあったようだが、「最終的には鹿島でプレーすることに決めた」。だからこそ、この試合に懸ける想いは特別なものだったのかもしれない。
 
「チームが勝ったことが何よりですけど、それに貢献できたし、サッカー選手として、しっかりピッチでプレーできたのが良かった」
 
 常勝軍団の一員として、自らの覚悟を示す2ゴール――男気ある金崎の活躍が、常勝軍団をさらに高みへと引き上げる。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【神戸 1-2 鹿島 PHOTO】神戸に先制されるも鹿島が金崎の2発で鹿島が逆転勝ち!