今季CFとして、C大阪の躍進を支える杉本健勇は、J1での自己最多、そしてチームトップの13ゴールを挙げている。さらに7月のJ1月間MVPも受賞。その活躍ぶりに日本代表へ推す声も高まっている。『サッカーダイジェスト』7月27日号(同13日発売)では、この大型ストライカーの独占インタビューを掲載。ゴールへの想い、理想のFW像などについて語った内容の一部をお届けしよう。
 
――◆――◆――
 
――チームは17節のFC東京戦後に今季初の首位に立つなど、3年ぶりのJ1で躍進しています。
 
「クラブとしてJ1で首位に立つのは12年ぶりですし(編集部・注/2005年11月以来)、嬉しいです。ただ、この時点での順位はあまり気にしていません。大切なのは、この調子をどこまで維持できるか。長いシーズン、ずっと勝ち続けるのは難しいですし、気を抜けば順位はすぐに落ちます。追われる立場に慣れていない選手も多いですし、一戦一戦、浮かれることなく地に足を着けて戦いたいです」
 
――杉本選手は開幕前から「優勝したい」と口にしていました。その目標に少しずつ近づいています。
 
「セレッソがここまで勝つと予想した人は少なかったはずです。でも、僕は優勝したいとシーズン前から言い続けてきましたし、その気持ちは今も変わりません。目標に一歩一歩近づけているので、想いはさらに強くなっています」
 
――好調の要因はなんでしょう?
 
「個々が与えられた役割を果たし、まとまって戦えているからじゃないでしょうか」
 
――確かにユース出身選手が多いC大阪には、一体感があります。
 
「ただ仲が良いだけではなく、ピッチに立てばお互いに厳しく要求し合えてもいます。妥協をせずに上を目指しているからこそ、良い空気が生まれているんでしょう」
 
――昨年10月にインタビューをした際には、「仲が良いからとか、先輩だからとかで、なあなあにしてしまう部分がある」とチームの課題を挙げていました。今季はそういう緩い空気がなくなりましたか?
 
「開幕前に新しい選手が何人か入って来て、(水沼)宏太くんなんかは特に自分の考えをハッキリ口に出してくれるので、みんな刺激を受けています。負けている時などは励まし合う声がよく出るようになりました。それにキャプテンの(柿谷)曜一朗くんが背中でチームを引っ張ってくれるのも大きいです。自分ももっとFWとして責任感を持たなくてはいけません」
 
――柿谷選手の存在の大きさは常々、語っていますね。彼が昨季、夏前に怪我で戦列を離れてからは(右足首の手術で約5か月の離脱)、杉本選手がチームの中心となり、J1復帰を果たしました。
 
「曜一朗くんが大きな怪我をしたことが、自分にとってターニングポイントになりました。J1復帰が至上命題のなか、大黒柱がいなくなって『俺がやらなあかん』と自覚できた。怪我をした曜一朗くんには申し訳ないですが、成長するキッカケになりました」
 
――昨季は川崎から1年でC大阪に復帰し、周囲の雑音もあったと思います。何よりも結果を残したいとの想いは強かったのでは?
 
「セレッソをJ1に戻さなくちゃ、復帰した意味がないですからね。だからこそプレッシャーはありましたよ。気持ちで戦おう、俺が誰よりも結果を残してチームを勝たせようと、必死でした」
――今季の初ゴールは7節のG大阪戦と、少し時間がかかりました。焦りはありましたか?
 
「うーん、開幕3戦でチームが勝てなかった時のほうが焦りましたね。ただ、FWとして危機感は常に抱いています。点を取った試合の後でも、次の試合は取れないんじゃないかと不安になりますし、それはどんなに好調な時でも変わりません。当たり前ですが、J2と比べてJ1のDFのレベルは高いですし、1試合1試合が勝負だと考えています」
 
――昨季は左サイドハーフや2シャドーの一角で起用されることが多かったですが、今季はユン・ジョンファン監督の下で、CFに固定されています。
 
「サイドでは前を向いて仕掛けられるので、やりやすかったです。自分の持ち味を出せましたし、J1でも通用するのか楽しみもありました。ただ、今年は監督がCFで起用してくれた。元々は一番前をやっていたし、抵抗はありませんでしたが、去年と求められる仕事がまったく違うので、頭を整理するのに少し時間がかかりました。後ろに下がりすぎてもダメですし、最前線で身体を張るプレーも大事になります。最初の2、3試合はいろいろ考えすぎて、手応えを得られませんでした」
 
――そうした状況で、7節のG大阪との?大阪ダービー?(△2-2)では今季初ゴールを含む2得点を決めました。あの試合をキッカケに調子が上向きました。
 
「ただ、あの試合ではチャンスがありながら外してしまって……。自分が3点、4点と決めていれば勝てていたので、めちゃくちゃ悔しかったです」
 
――CFとして一番意識しているのは?
 
「まずは、当たり前ですがゴール。味方を一番楽にさせてあげられるのは得点ですからね。ただ、状況によって(トップ下の山村)和也くんと2トップ気味になることが多いので、ボールをキープしてチームのために時間を作ることも考えています。それと、今年のチームでは守備も大事です。前の選手がどれだけパスコースを限定できるかで、後ろの選手の動き方が変わりますから」
 
――ユン・ジョンファン体制になってチームの走力と守備意識は格段に上がりました。始動時は3部練習もこなしましたね。
 
「開幕前はどれだけ走り込めるかが大切ですからね。辛いトレーニングが1年の出来につながると信じて頑張りました。シーズンが始まってからは3部練習はないですが、良いトレーニングを積めています。今季のチームの強みは『走り切る』スタイルを全員で体現できているところです。
 
 途中出場の選手も結果を残していますし、ルヴァンカップでは、リーグ戦で出場機会に恵まれていない選手が活躍しています。信頼できるチームメイトが後ろに控えてくれているからこそ、レギュラーの選手は体力をセーブせずに、試合開始から全力で走れるんです」
 
――ユン・ジョンファン監督は「巧い選手が走れるようになったら強くなる」と話していましたが、その通りになりましたね。
 
「監督はいつも『相手より走れ』『相手に負けるな』と強調しています。それを実践できているから、勝ち星を重ねられているんだと思います。ただ、もっとできるはず。夏場は厳しいかもしれませんが、チーム全員で乗り越えたいです」
――さて今季はJ1での自己最多ゴール数を更新していますが、大きな自信になっているのでは?
 
「そうですね。でもチャンスはあったので、もっと決めなくちゃいけなかったです。率直に悔しさのほうが大きいです。ゴール前での集中力と判断力を磨かないといけません」
 
――ゴール前でいかに冷静にプレーできるかが今後の課題?
 
「選択肢はたくさん持っておくべきで、そのなかから最適な一手を冷静に選ぶ判断力を養いたいです。調子が良い時は周りの動きがよく見えますが、その状態をキープするのが目標です」
 
――この先、ゴールを重ねるために必要なことは?

「今年は守備陣が身体を張ってくれています。実際に例年に比べて失点も減っています。そうやって相手から奪ったボールを自分に集めてくれていることを忘れてはいけません。僕がゴールを取れているのは周りのお陰。みんなの想いに応えるためにプレーするのが重要です」
 
――では、今季のゴールで一番手応えを感じたのは?
 
「理想的だったのは(12節の)大宮戦のゴールです。今のセレッソにはボールを持てる選手が多いですし、パスワークもスムーズなので、自分はフィニッシュに力を割いたほうが良い。大宮戦のゴールは中盤でパスをつないでサイドを突いて、そのクロスを僕が決めました。
 
 簡単と言ったらおかしいですが、絶妙なクロスを仕留めるだけでした。フィニッシュを確実に決められたという点で理想的でしたね。もっとも、前線にいるだけでもダメなので、動き方はもっと改善したいです」
 
――周囲との連係も問題がなさそうです。
 
「昔から一緒にやっている選手ばかりなので、それぞれの特長は掴めています。後ろの選手は『俺らが守るから点を取ってきてくれ』と考えているはずだし、繰り返しになりますが、僕はその想いに報いるために点を取らなくてはいけません。今の成績に満足している選手はいないですし、ここからも一戦一戦、集中です」
 
――そういえば、理想のゴールと語っていた大宮戦はヴァイッド・ハリルホジッチ監督が視察に来ていました。日本代表への想いはいかがですか?
 
「もちろん選ばれたいです。うちには(山口)蛍くんがいますし、チームの調子が良いので視察に来てくれる機会は多い。そこでゴールを奪ってアピールしたいです」
 
――ハリルホジッチ監督は6月のシリア戦、イラク戦に向けたメンバー発表会見で杉本選手に触れ、「成長している」と評価していました。
 
「名前を出してくれましたが、結局メンバーに入れなかったので、意味がありません。そこは選ばれてなんぼ。とても悔しかった。代表に入るためだけに頑張っているわけではないですが、目指す場所です。僕は結果を残すしかないですね」
 
――代表の試合はチェックしていますか?
 
「もちろんです。チームメイトと一緒によく観ています」
 
――ところで、杉本選手はゴール後に雄たけびを上げている姿が印象的です。
 
「本当は無というか、バロテッリのようにクールにしていたいんですが、決めたら自然と興奮してしまうんですよね」
 
――ゴールパフォーマンスでは、空に向かってハートマークを作るシーンも目にしました。
 
「あれは彼女にとかじゃないんです。ちょっと言いにくいんですが……。誰とは言えませんが、天国にいるある人に向けてやっています」
 
――てっきり女性に向けたものだと思っていました。
 
「それはよく言われます(笑)」
 
――では最後に、杉本選手の理想のFW像を教えてください。
 
「なんでもできる選手ですね。ゴールを決められるし、パスも出せるし、ボールも運べる。それが理想です。でも、そこに辿り着くにはまだまだ遠いです」
 
――今季の目標のゴール数は?
 
「残り試合は十分にあるので、去年(J2で14ゴール)よりは取りたいですね」
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※『サッカーダイジェスト』2017年7月27日号(同13日発売)より、一部加筆修正して転載。