[J2リーグ27節]千葉2-1山口/8月11日/フクアリ
 
 27節の山口戦は、清武功暉の劇的な決勝ゴールで千葉が勝利を収めた。だが、貴重な先制点を挙げた町田也真人はあるワンプレーを悔いた。
 
 それは同点に追いつかれた89分のシーンだ。相手陣内で熊谷アンドリューが小塚和孝にボールを奪われると、寄せに行った町田は小塚に一発でかわされる。その後、熊谷も必死に後を追うが間に合わず、小塚に岸田和人へスルーパスを通され、岸田を倒した近藤直也がPKを献上した。
 
 町田はこの対応を「まずボールの取られ方が悪いことと、自分の対応が軽かったことを監督から試合後に指摘された。完全にかわされてしまった」と、振り返る。
 
 この場面で頭をよぎったのは「アンドリューも僕もあと一枚だったこと」だという。
 
 “あと一枚”というのは累積警告の枚数であり、千葉には1試合の出場停止にリーチ(累積警告を3枚もらっている)をかけている選手が実に8人もいる。
 
「みんなは分からないが、自分は気を付けている」とは町田の弁だが、“ファウルトラブル”が今後、千葉の首を絞める可能性はある。
 
 自動昇格となる2位の福岡とは勝点13差。残り15試合で少しでも多くの勝点を重ねたいなか、対応策は必要だろう。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【千葉2-1山口 PHOTO】試合終了間際のデッドヒートを千葉が制し劇的勝利!