[J1リーグ28節]大宮0−0清水/9月30日/NACK5スタジアム大宮

【大宮0-0清水 PHOTO】猛攻実らず大宮はホームで痛い引き分け

【チーム採点・寸評】
大宮 5.5
前半はポゼッションで大きく上回り、クロスからシュートチャンスも迎えていたが、決定的な場面には至らず。アバウトな展開が増えた後半に決定機を得たものの、これを決め切れずに無得点。最後は清水の狙いどおりに守り切られた。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
1 加藤順大 6.5
攻守ともにソツのないプレーで無失点に貢献。被シュート数は少なかったが、集中力を切らさず対応した。
 
DF
19 奥井 諒 6.5
前半は攻撃のポイントとしてクロスからチャンスメーク。後半もアグレッシブさは失わず、守備も悪くなかった。
 
2 菊地光将 6
清水のクロス攻勢に対して冷静に対応し、強さを見せてシュートを打たせず。終盤はパワープレー要因になるなど、獅子奮迅。
 
3 河本裕之 6
菊地とともに中央の高さと強さを発揮して無失点を達成。欲を言えばチャンスの多かったセットプレーで決め切りたい。
 
13 渡部大輔 6
パスミスもあったが、リーグ戦の復帰戦としては悪くない出来。戦術上、あまり攻め上がる機会がなかったのは仕方ない。
 
MF
17 横谷 繁 6(84分OUT)
中盤のスペースを見つけてボールを受ける技術はやはり一級品。右から中央に入るプレーが攻守ともにハマっていた。
 
37 カウエ 5.5(90+1分OUT)
ボール奪取の強さを見せ付けたものの、コントロールが乱れてのロストも多い。プラスマイナスの収支は微妙なところ。
40 茨田陽生 5.5
安定感はさすがだが、チームの現状を考えればそれだけでは物足りない。前線への進出など、意欲は見えるが結果が足りない。
 
10 大前元紀 5.5(77分OUT)
古巣戦となり、普段以上にアグレッシブにボールを受けた。悪くはなかったが、何よりも得点という結果が欲しかった。
 
FW
7 江坂 任 5
ポスト、裏抜けと前線のタスクを多くこなしたが、決定機での強引なシュートは鎌田に阻まれ、絶好の機会を逃してしまう。
 
33 マルセロ・トスカーノ 5
中央と左を行き来しながらゲームメークしたが、フィニッシュに至るクオリティと連係は物足りない。
 
交代出場
FW
14 清水慎太郎 ―(77分IN)
大前に代わって左サイドハーフに入ったが、なかなか前向きを作れず。思い切りの良いクロスは効果的だった。
 
DF
4 山越康平 ―(84分IN)
菊地を前線に上げるために投入され、センターバックに入る。早めのロングボールを意識してチームの意図を体現しようとした。
 
MF
47 岩上祐三 ―(90+1分IN)
最終盤にロングスローの場面で登場。その後のCKも含めてセットプレーを担ったが、得点には至らなかった。
 
監督
伊藤 彰 5.5
残留争いの渦中にあり、直接対決でもあったことを考えれば、満足できる結果ではない。苦しい状況に追い込まれた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
清水 6
ベストなパフォーマンスというわけではないが、アウェーで無失点というチームの目的は達成。終盤には守り切るための意思統一をハッキリしたことで安定感が増し、勝点1を掴み取って帰ることができた。
 
【広島|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 6
序盤はキックの不安定さから危ないシーンもあったが、徐々に安定。最終的には無失点を達成した。
 
DF
5 鎌田翔雅 6.5
MAN OF THE MATCH
最後までハードワークを怠らず、江坂の決定的なシュートをブロックする好プレーもあった。高評価が妥当。
 
4 カヌ 5.5
ボールタッチやクロス対応は厳しいものだったが、局面の強さを出し切ってアウェーでの無失点に貢献。
 
45 角田 誠 6.5
カヌのミスをカバーしながら、ボールへのアグレッシブさを見せた。効果的なロングボールも。
 
25 松原 后 6
時折見せる縦への突破と鋭いクロスからチャンスメーク。回数はやや物足りないが、切れ味は見せた。
 
MF
22 枝村匠馬 5
積極的なパスを付けるシーンが少なく、リズムを出せなかった。ややノッキングしていたことは否めない。
 
20 竹内 涼 6
セカンドボールを回収して大宮の二次攻撃を阻止。攻撃はやや物足りないが、役割とチーム戦術を考えれば悪くない。
 
19 ミッチェル・デューク 6
パワフルな上下動によってサイドの主導権を明け渡さず、大前とのマッチアップでも引かなかった。
 
10 白崎凌兵 5
前半はサイドと中央にポイントを作ったが、徐々に失速。後半はほとんど存在感を発揮できなかった。
 
8 チアゴ・アウヴェス 5.5
セットプレーからたびたびゴールを脅かしたが、自身のシュートは少なく、不完全燃焼な面も。
 
FW
9 鄭大世 5.5
決して本調子とはいかなかったが、守備を重視した戦い方のなかでも自身の特徴を生かしながら貢献した。
 
交代出場
FW
23 北川航也 ―(84分IN)
前へのパワーを付与するために投入されたが、試合展開的にサポートが少なく、難しい状況だった。
 
FW
18 長谷川悠 ―(85分IN)
M・デュークのアクシデントにともなって出場。求められた役割はきっちりと果たした。
 
DF
44 フレイレ ―(89分IN)
守備固めで投入。ファーストプレーは思い切りの良いボレーシュートだったが、その後は自陣を固めた。
 
監督
小林伸二 6.5
フレイレの投入によってチームの意思統一を強化し、アウェーで貴重な勝点1をもぎ取ることに成功した。
 
取材・文:片村光博
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。