[J1リーグ30節]神戸1-2鳥栖/10月21日/ノエスタ
 
【チーム採点・寸評】
神戸 5.5
サイドチェンジを巧みに使い、先制点を奪うまでは良かった。だが、すぐに1点を返され、メンタルダウンした。

【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6.5
16分にPKでイバルボに得点を許したが、28分には小野の決定機を防ぐなど好セーブを連発。個人としての評価は高い。
 
DF
6 高橋峻希 6
5月の負傷から完全復帰。時間とともに試合勘も戻り、後半には守備だけではなく持ち味の攻撃参加で再三チャンスを作った。
 
5 岩波拓也 5.5
田川や原川の2列目からの飛び出しをケア。大きく崩される場面はなかったが、ディフェンスリーダーとして2失点は痛いところ。
 
3 渡部博文 5.5
イバルボと激しくマッチアップ。ある程度は抑えられたが、左SBの松下との間をイボルバや高橋義に何度か崩された。
 
23 松下佳貴 5.5(79分OUT)
久々の先発。12分にはポドルスキの先制点の起点になるなど攻撃のセンスを披露した。逆に守備ではアン・ヨンウに攻撃の起点を作られた。
 
MF
16 高橋秀人 5(67分OUT)
14分にイバルボに振り切られ、ペナルティエリア内でのファウルでPKを献上。38分にはサイドチェンジミスなどやや精彩を欠いた。
 
14 藤田直之 5.5
今季初の古巣対決。うまくバランスを取ったが、相手のシステム変更に対応が遅れる場面も。もう少し攻撃に絡みたかった。
 
13 小川慶治朗 5.5
鳥栖のリトリートした守備に対し、なかなか持ち味のスピードを活かせず。ミスは少ないが、迫力不足は否めない。
 
21 田中順也 6(54分OUT)
松下からの浮き球を胸で落とし、ポドルスキの先制点をお膳立て。だが、それ以降は消える時間帯も。ルーキーの安井と交代。
 
FW
19 渡邉千真 6
前半アディショナルタイムのミドルや61分のCKからのヘディングなど、見せ場は作ったが決めきれず。それでも全体的に質は高かった。
 
10 ルーカス・ポドルスキ 6.5
田中順の胸パスを右足ボレーで決めて先制点。精度の高いサイドチェンジやラストパスなどでも魅せ、勝っていればMOM級の出来。
 
交代出場
DF
35 安井拓也 6(54分IN)
田中順と交代で左サイドハーフへ。リーグ戦初出場ながら落ち着いてプレー。62分にはカットインからミドルシュートも放った。
 
MF
7 ニウトン 6(67分IN)
高橋秀と交代でボランチへ。左右にボールを散らすだけではなく、縦パスを有効に使いながらリズムを作った。
 
MF
9 ハーフナー・マイク 6(79分IN)
限られた時間のなかで躍動。81分には頭でポドルスキのシュートチャンスを作り、終了間際には惜しい反転シュートも。
 
監督
吉田孝行 5.5
引いた相手に対してサイドチェンジで揺さぶるなど狙い通りの時間もあった。だが、結果的には相手にうまく抑えられた。
【チーム採点・寸評】
鳥栖 7
神戸の出方に合わせてシステムを変えるなど監督の手腕が光った。その上でイバルボという個が最大限に輝いた。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 6.5
影のMOM。1失点はしたが、43分のポドルスキのミドルや61分の渡邉のヘディングなど決定機をことごとく阻止した。
 
DF
13 小林祐三 6
松下や田中順の攻撃をケアしつつ、自身も積極的に攻撃参加。豊富な運動量で鳥栖の右サイドで起点を作った。
 
5 キム・ミンヒョク 6.5
38分に原川のCKをヘディングで決めて逆転ゴール。守備では相手のペナルティエリア侵入をほぼ許さなかった。
 
15 チョン・スンヒョン 6
何度か渡邉に決定機を作られたが、シュートコースを限定するなど失点しない守備を見せた。システム変更への対応も見事。
 
23 吉田 豊 6.5
前半から積極的にオーバーラップを繰り返し、36分にはキム・ミンヒョクの逆転ゴールにつながるCKも獲得。勝点3ゲットの功労者。
 
MF
4 原川 力 6.5
精度の高いプレースキックでキム・ミンヒョクの逆転ゴールを演出。守備では藤田に激しいプレスで挑み、仕事をさせなかった。
 
14 高橋義希 6.5
イバルボのPK獲得を引き出すスルーパスや、相手エリア内へ侵入する3人目の動きなど質の高いプレーでチームを引っ張った。
 
40 小野裕二 6.5
3ボランチの一角で先発し、守備からの速い攻撃で機能。25分頃のイバルボのスルーパスを受けてできた決定機は決めたかった。
 
25 アン・ヨンウ 6(54分OUT)
戦術的な理由で途中交代となったが、神戸の松下とのマッチアップでは優位に。右サイドで攻撃の起点を作った。
 
27 田川亨介 6(67分OUT)
パスの受け手として前線やサイドで機能。18分と65分にはクロスに反応して惜しいヘディングシュートも放った。
FW
MAN OF THE MATCH
32 ビクトル・イバルボ 7(84分OUT)
負傷退場するまで常に神戸の脅威であり続けた。25分の小野へのキラーパスなど随所に世界基準のプレーもあった。
 
交代出場
DF
35 青木 剛 6(54分IN)
アン・ヨンウと交代し、3バックの中央へ。ディフェンスラインを統率し、身体を張ったプレーで鳥栖ゴールにカギをかけた。
 
MF
50 水野晃樹 6(67分IN)
田川と交代し、右サイドハーフへ。85分頃にニウトンのサイドチェンジをインターセプトするなどセンスの良さは健在。
 
FW
11 豊田陽平 −(84分IN)
負傷のイバルボと交代。前線から積極的にプレスをかけるなど精力的に動いたが、時間も少なく見せ場はなし。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 7
1点リードで迎えた後半。神戸の動きに合わせて選手交代やシステム変更を行うなど知将ぶりを存分に披露した。
 
取材・文:白井邦彦(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。