J1リーグ31節
ヴァンフォーレ甲府―ヴィッセル神戸
10月29日(日)/16:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
今季成績(30節終了時点):15位 勝点28 6勝10分14敗 20得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●前節、C大阪に0-2で敗戦。
●阿部の左インサイドハーフ、高野の左ウイングバックを継続か。
●セットプレーからの失点が続いている。
 
【担当記者の視点】
 前節、アウェーでC大阪に0-2の黒星。CKの流れから失点し、PKで追加点を許した。29節のFC東京戦もFKからゴールを献上しており、ここ最近はセットプレーからの失点が続いている。
 
 懸念材料を抱えるが、ポジティブな面もある。C大阪戦で起用した左インサイドハーフの阿部、左ウイングバックの高野がまずまず機能。左サイドがブラジル人2トップを支える武器となる可能性を示した。
 
 15位で残留圏に留まるが、降格圏とは勝点1差で残り4節はひとつの試合も落とせない。今節は神戸のポドルスキが出場停止と追い風は吹いており、残留へのラストスパートに向けてホームで弾みをつけたい。
 
J1リーグ31節
ヴァンフォーレ甲府−ヴィッセル神戸
10月29日(日)/16:00/山梨中銀スタジアム

ヴィッセル神戸
今季成績(30節終了時):10位 勝点41 12勝5分13敗 34得点・35失点

【最新チーム事情】
●天皇杯・準々決勝で鹿島をPK戦で下しベスト4進出。
●ポドルスキが累積警告で出場停止。

【担当記者の視点】
 前節の鳥栖戦でリーグ戦では6試合ぶりの黒星を喫したが、その4日後に行なわれた鹿島との天皇杯・準々決勝を制し、再び士気が上がっている。鹿島戦のように、個々のハードワークをベースにチャンスを上手く生かせるかが鍵になるだろう。

 今節の甲府戦ではポドルスキが累積警告で出場停止のため、前線にはハーフナーの先発起用も見込まれる。鹿島との天皇杯で、夏に加入後公式戦で初ゴールを決めたストライカーが、古巣相手に躍動できるのかに注目だ。