FC東京の石川直宏は、横浜から加入した2002年から(当初は期限付き、03年8月7日に完全移籍に切り替え)ほぼ毎シーズン、コンスタントに『サッカーダイジェスト』本誌のインタビューに応じてくれた。その言葉を追うことで、彼の成長の軌跡も見えてくる。
 
 加入当初、いったい、どんな話をしていたのか。興味深かったものを紹介したい。
 
 まず2003年1月、選手同士の対談連載『J談』の第1回目に、石川は当時チームメイトだった茂庭照幸(現・C大阪)とともに登場している。
 
 神奈川県に住んでいたふたりの初対戦は、小学校高学年(5年か6年)の時だったという。ふたりは『初対戦』を次のように振り返っている。
 
茂庭 たしか俺がナオ(石川)にマンマークでついたよ。そしたらチンチンにされてさ(涙)。
 
石川 身体がすごくデッカくて、一番嫌なタイプのDFだなって、それがモニ(茂庭)だった。DFなのに、背番号9をつけていたのを覚えているよ。
 
茂庭 ナオ(石川)は神奈川ではスーパーな存在だったから、みんな一目置いていた。一方で、俺は足元の技術がないってよく監督から怒られて、それで仕方なく守備をするようになったんだよ。そしたら、いつの間にかDFにポジションを下げられてさ。
 
石川 それで中2の神奈川選抜で、チームメイトになって。ただ世代別の日本代表に選ばれたのはモニのほうが先だった。僕にとっては、モニはいつも先を行く存在だったよ。
 
 2003年のワールドユース(現・U-20ワールドカップ)を目指すユース日本代表に、茂庭が18歳、石川が19歳で選ばれる。そうやってふたりは切磋琢磨し合いながら、今日に至る。
 
 ともにプロフェッショナルとして18年目を迎える。そして、まず一足早く、石川のほうがスパイクを脱ぐ決断を下した。
 2004年1月発売号のインタビュー「限界と可能性」では、『東京都人権啓蒙活動ネットワーク協議会「人権メッセージ集」』に、石川が次のような想いをつづっていたことを引用している。
 
限界は自分が作ってしまうもの
可能性は無限に広がっているのだから…
難しく考えなくたっていい
自分を信じて
自分のペースで
                                         
 2003年、22歳の石川はFC東京とアテネ五輪代表の主力に定着し、12月にはA代表デビューを果たしている。自身の新境地を切り開くなか、同年10月に記したこのメッセージに込めた想いについて、彼は語っている。
 
「僕のありのままの気持ちでした。昨シーズンは、武器であるスピードを生かすことを追求しながら、試合中に判断しながら、攻撃のバリエーションが増えました。そのなかで、苦手だった左足をひとつの新たな武器にできたことは大きかったです」
 
 鋭い閃光を放つ稲妻のように突き抜ける縦へのドリブル突破に加え、カットインからの左足のシュートを身に付けて、公式戦通算8ゴールを奪取。アマラオや佐藤由紀彦が牽引してきたFC東京で、新たなチームの顔と言える存在になっていった。
 
 一方、当時は代表チームの対外試合が今以上に活発に行なわれ、石川はA代表、アテネ五輪代表(U-21〜23代表)、そしてFC東京と3つのチームを行き来するなか、コンディションが上がらず苦しんだ時期があったとも明かしている。
 
「夏頃、何かやろう、やろうとするたびに、空回りしてしまい、ちょっと悩んだ時期がありました。悪いほうに行くと、もっとやらなきゃと思い、逆にハマってしまう。それも初めての体験でした。ただ、そこで難しく考えず、もっとシンプルに対処するようになっていきました」
 
「何事も経験をしないと、その先へは進めない。厳しい環境のなかでも力を出し切る自信を掴みたい。そのうえで、一番大切なのはFC東京での戦い。ここで結果を残せなければ、あらゆる可能性なんて見えてこないって思いました」
 
 そして彼はそのシーズンの目標として、色紙にこう書いた。
 
『どんな状況でも自身を出し切る!』
 
 そのストレートな言葉からは、今も変わらない石川が貫いてきた哲学が感じられる。
 
 そして、残す時間はあと1か月――。石川がプロサッカー選手としてのキャリアのラストを飾ろうとしている。9月に小平練習場を訪れた際、まだ別メニューの続いている彼は、自身のコンディションについて「一難去ってまた一難。なかなか上手くいかないなって(苦笑)」と複雑な胸のうちを語っていた。
 
「良くなってきたら、また(痛みなどが)出てきて『なんでだろう……』って。その繰り返し。目処がなかなかつかないけれど、最後には間に合わせたい」
 
 ピッチに立つには、まだいくつもの壁を越えなければいけない状態だった。
 
「自分の納得のいくパフォーマンスでなければ、試合には出られない。膝の状態が良くなったとしても、J3の復帰(16年9月9日秋田戦)から1年が経ち、果たして自分自身しっかり納得できるのか。まず自分が納得できなければ、観る人も納得してくれない。でなければ試合には出られない。しっかり試行錯誤しながら、とことんやりたい」
 
 まず、納得いくように、力を出し切れるコンディションにする。それができなければ、ピッチに立つ資格はない。石川はそんな覚悟とともに日々の練習に打ち込んでいる。
 
「まずJ1のピッチに立って、ゴールに絡む。それを目標にしています。あとJ1最終節の翌日に(12月3日)、FC東京U-23はC大阪U-23戦を残している。(C大阪の)モニにはできれば前日のJ1の試合に出てほしい。ただ、その最後のU-23の試合で一緒のピッチに立って対戦できたら……きっとそれはそれで嬉しいでしょうね(笑)」
(※編集部注:J3のU-23チームにはオーバーエイジ3枠が設けられている)
 
 石川の内面で渦巻くあらゆる葛藤を思い図ることは、誰にもできない。とはいえ、彼のヘコみかけた心を突き上げてきた衝動は、いたってシンプルだったのかもしれない。待つ人がいる場所へ向かう――。ただ、それだけだ。
 
 12月3日、FC東京U-23が戦う会場はホームの駒沢競技場。2002年4月27日のナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)清水戦、石川がFC東京に移籍してきて最初に立ったピッチだ。
 
「今もそうだけれど、支えてくれる人がいてくれる。僕はこれまで、いろいろチャレンジすることで、ひとの心を動かせることを感じてきた。一方で、みんなのサポートが僕の心を動かしてきた。そういう関係を、またピッチの上で示したい」
 
 石川はそのように、自分を支えてきてくれた人たちへの感謝を惜しまない。
 
 どんな相手でも怯まず勇敢に挑む。時には勝ち、時には負け……人々をまだ見ぬ世界へと誘う。そんな限界を越えていこうとするプレースタイルが、多くの人の心を捉えてきた。
 
 今、石川は自分自身と戦っている。その先にある、みんなが待つピッチに立つために――。最後に、もう一度、突き抜けろ!
 
取材・文:塚越 始