J1リーグは10月29日に31節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 神戸のハーフナー・マイクが、帰国後リーグ戦初ゴールを含む2得点で、古巣の甲府を相手に勝利の立役者となった。飛ばずとも競り勝ち、長身を生かした得意のヘディングで決勝点を挙げたハーフナーを、最高点の『7.5』で今節のMVPに選出した。
 
 鳥栖に勝利し、J1残留に望みをつないだ新潟からは最多の2名をセレクト。大谷幸輝はビッグセーブでチームを救い、小泉慶は値千金の決勝ゴールでチームに白星をもたらした。
 
 また、ドロー決着でお互いに勝点1を分け合った柏と川崎からは、1ゴール・1アシストの柏のハモン・ロペスと、好クロスで2アシストを記録した川崎の車屋紳太郎をピックアップした。
 
 センターバックの2枚には、ベテランらしく冷静に清水の攻撃を跳ね返したFC東京の徳永悠平と、多くの局面でイージーに相手の攻撃をストップしていた鹿島の昌子源をチョイス。2ボランチには抜群のゲームコントロールを見せたC大阪のソウザと、決勝弾を決めた浦和の長澤和輝を配置した。
 
 その他、存分に攻撃センスを発揮していたG大阪の倉田秋と、2得点でエースとしての仕事を完遂して見せた磐田の川又堅碁は、どちらもベストイレブンに値する働きだった。
 
【今節のベストイレブン】
GK
1 大谷幸輝(新潟) 7
雨のなか、安全第一のプレーを徹底。相手が攻勢を強めた後半は、ビッグセーブでチームを救う。鬼神のごとくゴールに立ちはだかった。
 
DF
8 小泉 慶(新潟) 7
前節と同じく推進力を活かしたプレーが好印象。55分に気持ちがこもったミドルでゴールを射抜く。まさに値千金の一撃だった。
 
22 徳永悠平(FC東京) 7
身を挺したディフェンスで絶体絶命のピンチ(21分)を防ぐ。その後もベテランらしく冷静に清水の攻撃を跳ね返し、81分にもスーパーなディフェンスを披露した。
 
3 昌子 源(鹿島) 6.5
慌てて対応する場面は皆無で、多くの局面でイージーに相手の攻撃をストップしていたような印象さえ受ける。
 
7 車屋紳太郎(川崎) 6.5
柏の伊東純也のスピードには苦しんだものの、決定的な仕事はさせず。2失点目のシーンではカバーが間に合わなかったが、70分と90分には好クロスで2アシストを記録した。
 
MF
15 長澤和輝(浦和) 6.5
立ち上がりは動けておらず、そのまま交代かと思われる出来だったが……。時間を追うごとに輝きを増し、後半には普段の姿を取り戻す。決勝弾のスペースへの入り方は秀逸だった。
 
6 ソウザ(C大阪) 7
相手の嫌がるところにボールを送り、オウンゴールを誘発。それだけでなく、抜群のゲームメイク能力とフィードセンスで、試合をコントロールしていた点も高く評価できる。
 
10 倉田 秋(G大阪) 6.5
キープ力の高さと攻撃センスを発揮してチャンスメイク。味方とのパス交換から放った30分のミドルは惜しくもゴール左ポストに……。唯一、可能性のある働きを見せていた。
 
20 ハモン・ロペス(柏) 6.5
48分にクリスティアーノからのパスを流し込んで先制点をマーク。4分後には左サイドからクロスを上げてD・オリヴェイラのゴールにつなげた。1得点・1アシストと見事な活躍だった。
 
FW
20 川又堅碁(磐田) 7
40分、横浜の中澤佑二を背負った状態で、振り向きざまに左足で同点弾をねじ込む。さらに65分にはアダイウトンからの横パスを冷静に沈めて逆転弾をゲット。エースとしての仕事を完遂し、チームに勝利をもたらした。
 
THIS WEEK MVP
9 ハーフナー・マイク(神戸) 7.5
ポドルスキの不在が結果的には奏功。飛ばないでも競り勝ち、コースに落とすヘディングで2得点を決めた。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。