C大阪が11月3日、埼玉県内にてルヴァンカップ決勝に向けた公式練習を行なった。C大阪は、ルヴァンカップでは初の決勝進出(ナビスコカップ時代も含めて)。クラブ史が変わろうという大一番では、ある姿勢が勝利のポイントとなりそうだ。
 
 その“キーワード”を語ったのは、山口蛍と清武弘嗣。
 
 気持ちを高めるように真剣な顔つきで練習に臨んだ山口は「チームの雰囲気はすごく良い。相手はしっかりパスをつないでくると思うので、自分たちは焦れずにいつもどおりやれば大丈夫だと思います」と、落ち着いた口調で話した。
 
 一方で、清武は時にチームメイトとの談笑を交えながらトレーニングに汗を流した。練習後に取材陣から川崎の印象を聞かれると「個々の能力がすごく高い。そのなかでパスをつないでくるサッカーをしてくるので、なかなかボールを奪うのが難しい。飛び込んだらやられるので、しっかりブロックを作る。そうやって奪ってからカウンターを狙いたい。さらに時間が経つにつれ多分自分たちがボールを持てる時間が増えると思う」と試合展開を予想した。
 
 さらに、「決勝ですけど、あまり意識せずにいつもどおりの気持ちで臨みたい」と山口同様に“いつもどおり”の姿勢を強調する。
 
 気負わずに平常心を保つことが、リーグカップ初タイトルへの重要な要素かもしれない。中盤のキーマンふたりは“いつもどおり”勝利を目指す。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWeb)