レッドブル・ザルツブルクの元日本代表MF、南野拓実が復活の狼煙を上げる2ゴールだ。
 
 日曜日のオーストリア・ブンデスリーガ14節、ザルツブルクは敵地でのザンクト・ペルテン戦に臨み、3−1の快勝を収めた。南野は膝を負傷した5節(8月20日)の同じザンクト・ペルテン戦以来、9試合ぶりの先発出場を果たした。
 
 開始早々の6分に先制を許したザルツブルクだったが、トップ下に配された南野は立ち上がりから果敢な姿勢を見せる。19分に放った至近距離弾は枠を外してしまったが、35分に敵ゴール前で幸運を得た。味方のMFヴァロン・ベリシャのショットを相手GKが痛恨のファンブル。目の前にこぼれた球を倒れ込みながらねじ込んだ。開幕戦以来となる今シーズン2点目だ。
 
 ザルツブルクは54分にPKで逆転に成功し、南野は後半も攻守に軽快な動きを披露。そして迎えた80分、右サイドからのMFシュテファン・ライナーの完璧なクロスをドンピシャヘッドで合わせ、試合の趨勢を定めた。その直後の81分、お役御免でピッチを退いた。
 
 試合は3−1で終了。ザルツブルクは連勝を飾り、この日引き分けた首位シュトゥルム・グラーツとの勝点差を1に縮めている。
 
 8月の負傷でおよそ2か月間の離脱を余儀なくされ、10月半ばの復帰後は限定的な起用が続いていたが、南野はようやくスタメンの座を掴み、結果も出した。ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ザルツブルクは木曜日のゲーム(ヨーロッパリーグのアンタヤスポル戦)の先発から8選手を入れ替えた。ミナミノもそのひとりだったが、見事に2ゴールを挙げて期待に応え、コンディションが上向きであることを証明。決定的な仕事をした」と評した。さらにサッカーサイトの『Liga Portal』は、「1点目は冷静な位置取りからで、2点目(のヘディング)は文句なしの精度だった。最下位が相手だったとはいえ、ミナミノが違いを見せた」と称えている。
 
 11月4日の自身のツイッターで、「メンバーも凄いし勝負強い?? セレッソおめでとうございます(杉本)健勇君ナイスゴール」と古巣セレッソ大阪のルヴァンカップ優勝に賛辞を贈っていた南野。愛着ある心のクラブがついに果たしたタイトル奪取に発奮したのか、奮迅のパフォーマンスで存在を示した。
 
 トップフォームを取り戻し、ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表監督を振り向かせられるか。アピールのチャンスはまだ残されている。