[親善試合]日本0−1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
 
 日本サッカー協会の西野朗技術委員長が試合後、報道陣の質問に対応し、失点シーンについて「それまでは良く抑えていたと思うが……。一瞬でやられてしまった」と悔しさを露わにした。
 
 さらに、「守備がとても機能していたぶん、攻撃に転じた際に力尽きた選手もいたのでは?」という問いに対しては、
 
「相手の両サイドに浅野(拓磨)、原口(元気)が引っ張られて押し込まれてしまうというのは想定していた。あそこで酒井宏樹や長友(佑都)が行けていればというのはある。ただ、浅野も原口も良く守備をしていたが、最終的な局面で力を出せていない。もう少し彼らの負担が軽減されれば、ゴール前で決定的な仕事ができると思う」と攻守のバランスの難しさを語った。
 
 しかし、世界トップレベルとの戦いを通して、得られたことは少なくなかったと語る。

「親善試合だったこともあって100パーセントではないと思うが、彼らは間違いなく世界のトップ5。そういった相手に全力で戦えたし、今の立ち位置を把握できた。やらせてもらえた時間帯もあったが、失点シーンは決定的にやられてしまっている。そこが差だと思う」
 
 成す術なく失点を重ねたブラジル戦の反省を踏まえ、守備面で手応えを掴んだベルギー戦。ただ、結果的にゴールを奪えず、勝利を掴むこともできなかった。選手たちには、西野氏が語る“差”を埋めるべく奮起が求められる。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0−1で敗れる
 
【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!