現地時間11月18日、プレミアリーグの12節が行なわれ、アーセナルとトッテナム・ホットスパーのノースロンドン・ダービーが開催された。
 
 プレミア6位と躓くなかで、本拠地にライバルを迎え入れるアーセナルは、3-4-2-1システムを採用。最前線にアレクサンドル・ラカゼット、2シャドーにアレクシス・サンチェスとメスト・エジルが並ぶなど、ベストメンバーが揃えた。
 
 一方、2位のマンチェスター・ユナイテッドと同勝点の2位につけるトッテナムも3-4-2-1を採用。こちらも最前線に主砲のハリー・ケイン、2シャドーにデレ・アリとクリスティアン・エリクセンが顔を揃えてベストの陣容で臨んだ。
 
 好対照のシーズンを送る両チームによる184回目のダービーマッチはオープンな展開の中で幕を開ける。まずは4分にアーセナルのラカゼットが惜しいシュートを放ち、トッテナムも直後の5分にケインが相手ゴールを脅かした。
 
 その後もダービーに相応しいハイテンポな様相が続いた一戦は、中盤での激しい攻防をかいくぐったアーセナルが敵陣でボールをポゼッション。しかし、トッテナムの最終ラインを打開する術を見出すことができなかった。
 
 相手の手堅い守備に手を焼いたアーセナルだったが、司令塔の正確なセットプレーから待望の先制弾を突き刺す。
 
 36分、相手ゴール前からのFKをエジルがペナルティーエリア内に放り込むと、スコドラン・ムスタフィが頭で合わせてネットを揺らした。
 
 均衡を破って勢いに乗ったアーセナルはさらに41分に主砲が追加点をねじ込む。
 
 エクトル・ベジェリンのスルーパスに反応して、右サイドを抜け出したラカゼットからのクロスボールをサンチェスがワントラップから右足でニアサイドの上を射抜いた。
 
 結局、試合は2-0でハーフタイムに突入。迎えた後半はビハインドを背負うトッテナムが攻勢を強める。
 
 トッテナムは状況を打破すべく62分に俊英MFのハリー・ウインクス、75分にソン・フンミンとフェルナンド・ジョレンテを送り込むが、ホームサポーターの後押しを受け、いつも以上に気迫を漲らせるアーセナルの牙城を崩すに至らなかった。
 
 徐々に焦りを見せ始める宿敵を尻目に、アーセナルは73分にラカゼットを下げてボランチのフランシス・コクランを入れ、中盤の質と運動量を維持し続けて、トッテナムの追撃の芽を摘み取っていった。
 
 その後もトッテナムの楔のパスをことごとく潰したアーセナルは、危なげなく試合を進行。結局、最後まで堅守は打開されることなく2-0と勝利した。
 
 昨シーズンのノースロンドン・ダービーでは屈辱の未勝利に終わっていたアーセナル。それだけに今回の対戦は意地の完勝を収めたといったところだろう。
 
 一方、為す術なく敗れたトッテナムは、首位マンチェスター・Cとの勝点差8を詰められなかったという意味でも手痛い黒星となった。