2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。10年ぶりのアジア王者に輝いた浦和からは武藤雄樹、ズラタン、宇賀神友弥、矢島慎也、西川周作の5名に、自クラブ以外から3選手をピックアップしてもらった。果たして、どのような投票結果になったのか。
 
●武藤雄樹(FW)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?阿部浩之(川崎/MF)
3位?レアンドロ(鹿島/MF)
 小林選手は動き出しとクロスへの入り方が抜群で、得点感覚も優れています。阿部選手は シュート技術が高く、川崎にフィットしました。レアンドロ選手は技術も然ることながら、大事な場面で点を取っていました。
 
●ズラタン(FW)
1位?杉本健勇(C大阪/FW)
2位?レオ・シルバ(鹿島/MF)
3位?小林 悠(川崎/FW)
 杉本選手はトータル能力が高く、足でも頭でも得点を奪える“感覚”を持っています。L・ シルバ選手は対戦して最も厄介なプレーヤーでした。小林選手も欠点が少なく、素晴らしい才能を持ったストライカーです。
 
●宇賀神友弥(MF)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?中村航輔(柏/GK)
3位?昌子 源(鹿島/DF)
 小林選手は決定力、アシスト能力、ボールを収める技術すべてを兼ね備えている万能型です。中村選手はファインセーブが多いですし、チームを鼓舞して勢いをつけていますよね。昌子選手は今季安定感が増した印象です。
 
●矢島慎也(MF)
1位?中村憲剛(川崎/MF)
2位?大島僚太(川崎/MF)
3位?清武弘嗣(C大阪/MF)
 中村選手はいつも的確なポジション取りをしていると感じます。大島選手は周囲を助けるプレーをしていますよね。清武選手は改めて足もとの技術が高い。例えば難しいアウトサイドのパスであっても正確につないでいます。
 
●西川周作(GK)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?金崎夢生(鹿島/FW)
3位?中村航輔(柏/GK)
 小林選手には多くのゴールを決められた嫌な思い出であります。動き方が巧く、シュート技術も高いです。金崎選手には力強さとゴールへの貪欲さを感じますね。中村選手には対戦した際に多くのシュートを止められました。
 
取材●轡田哲郎(フリーライター)