2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。今回はFC東京の永井謙佑、東慶悟、丸山祐市、太田宏介、林彰洋の5名が選ぶベストプレーヤーを紹介してくれた。投票では、得点王争いを繰り広げたあの2選手に人気が集中。選出コメントとともに見ていこう。
 
●永井謙佑(FW)
1位?杉本健勇(C大阪/FW)
2位?槙野智章(浦和/DF)
3位?西 大伍(鹿島/DF)
 杉本選手はシーズンを通してコンスタントにゴールを奪った。結果がすべてを物語っている。槙野選手はディフェンスリーダーとしてチームを統率していたところが好印象だった。西選手はシンプルに上手い。それに尽きる。
 
●東 慶悟(MF)
1位?杉本健勇(C大阪/FW)
2位?小林 悠(川崎/FW)
3位?興梠慎三(浦和/FW)
 杉本選手は決定力が半端ない。小林選手は川崎のリーダーとしてチームを牽引し、優勝へと導いた立役者。興梠選手はフィニッシャ―もポストワーカーもこなす万能型で、献身的な守備も光る。ああいう選手がいると大きい。
 
●丸山祐市(DF)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?興梠慎三(浦和/MF)
3位?中澤佑二(横浜/FW) 
 小林選手はチームが苦しい時に点を取って勝利に導いている。興梠選手はDFの嫌がるポジショニングを常に意識していて、一瞬の隙を突いてゴールを奪える点が凄い。今年も全試合フル出場の中澤選手は素晴らしいのひと言。
 
●太田宏介(DF)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?槙野智章(浦和/DF)
3位?柏木陽介(浦和/MF)
 ますます怖い選手になっている(親友の)悠の活躍は刺激になる。努力家の槙野選手はプレーヤーとしてかなり貫禄が出てきた。柏木選手は相手にいたらメッチャ嫌な存在。逆に味方だったら心強いし、一緒にやってみたい。

●林 彰洋(GK)
1位?小林 悠(川崎/FW)
2位?山口 蛍(C大阪/MF)
3位?ビクトル・イバルボ(鳥栖/FW)
 小林選手は(大久保)嘉人さんが抜けた穴を埋め、他にも色んな役割を担っていた。潰し役と捌き役の両方をこなした山口選手も素晴らしい。イバルボ選手はひとりでやりたい放題。フィジカルと技術があって、脅威だった。
 
取材●馬場康平(フリーライター)