2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏の就任が決まった横浜ではウーゴ・ヴィエイラ、マルティノス、ダビド・バブンスキー、山中亮輔、飯倉大樹が登場。果たして助っ人外国人3名はどの選手を評価したのか。気になる投票結果は以下の通り。
 
●ウーゴ・ヴィエイラ(FW)
1位?クリスティアーノ(柏/FW)
2位?アンデルソン・ロペス(広島/FW)
3位?ラファエル・シルバ(浦和/FW)
 クリスティアーノ選手はドリブルもパスも質が高く、シュートを決めることもできる。A・ロペス選手は左足で強烈なシュートを打てるので対応が難しい。R・シルバ選手はスピードと技術に秀でている。
 
●マルティノス(MF)
1位?井手口陽介(G大阪/MF)
2位?中村憲剛(川崎/MF)
3位?クリスティアーノ(柏/FW)
 井手口選手はハードワーカーであると同時に前への推進力があり、ガンバに欠かせない選手。中村選手にボールが渡れば、必ず何かが始まる。クリスティアーノ選手はオールラウンドなタイプで、完成されたストライカーだ。
 
●ダビド・バブンスキー(MF)
1位?中村俊輔(磐田/MF)
2位?中村憲剛(川崎/MF)
3位?小池龍太(柏/DF)
 中村俊輔選手は素晴らしいキャリアの持ち主でスタイルも良い。自分と似た考えを持っているように感じる。中村憲剛選手には独自のビジョンがある。小池選手は対戦時のプレーが印象的で、さらに成長していくと思う。
 
●山中亮輔(DF)
1位?昌子 源(鹿島/DF)
2位?クリスティアーノ(柏/FW)
3位?エウシーニョ(川崎/DF)
 昌子選手は対人プレーが強く、出足が速い。後ろにいたら頼もしいと思う。クリスは個で打開できて、ゴールもアシストもできる。対戦していて嫌だったのがエウシーニョ選手。ボールをさらすプレーが上手で左でも蹴れる。
 
●飯倉大樹(GK)
1位?昌子 源(鹿島/DF)
2位?井手口陽介(G大阪/MF)
3位?伊東純也(柏/FW)
 昌子選手は鹿島という伝統あるチームのスタイルを継承し、体現していると思う。井手口選手は守備から攻撃に移るプレーが特長的。伊東選手はスピードだけでなくテクニックも向上していると感じるし、タイミングも良い。
 
取材●藤井雅彦(ジャーナリスト)