2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。甲府からはドゥドゥ、新井涼平、小椋祥平、山本英臣、河田晃兵の5名に自チーム以外の選手を3位まで挙げてもらった。同じシーズンを戦ったライバルたちをどのように評価したのか、気になる投票結果を見ていこう。
 
●ドゥドゥ(FW)
1位?柏木陽介(浦和/MF)
2位?小林 悠(川崎/FW)
3位?レアンドロ(鹿島/MF)
 柏木選手が試合のなかで発揮する技術はすごい。小林選手は得点感覚が素晴らしく、ゴールを量産してFWの役割を果たしました。レアンドロは日本のサッカーに慣れてチームにフィットしてから、驚きの活躍を見せてます。
 
●新井涼平(MF)
1位?クリスティアーノ(柏/FW)
2位?エドゥアルド・ネット(川崎/MF)
3位?吉田 豊(鳥栖/DF)
 クリスティアーノは強靭なフィジカルに加え、守備での献身性もあります。E・ネットは攻撃のスイッチになるパスを配給できます。吉田選手は外国人選手にも対応できる身体能力を持っていて、凄いですね。
 
●小椋祥平(MF)
1位?ソウザ(C大阪/MF)
2位?井手口陽介(G大阪/MF)
3位?東口順昭(G大阪/GK)
 C大阪のキーマンは攻守で高いレベルにあるソウザ。井手口選手は日本代表に選出され、自クラブでもさらに活躍すれば、評価が上がると思います。東口選手の多くのセーブはチームの勝率をグッと高めていると思います。
 
●山本英臣(DF)
1位?クリスティアーノ(柏/FW)
2位?阿部勇樹(浦和/MF)
3位?西 大伍(鹿島/DF)
 クリスティアーノは個の能力が高く、前線からのプレスでもチームに貢献しています。好不調の波が少ない阿部選手は浦和の中心的存在。SBの西選手はポゼッションのなかで、相手のプレスを回避する巧さがあります。
 
●河田晃兵(GK)
1位?ビクトル・イバルボ(鳥栖/FW)
2位?柿谷曜一朗(C大阪/FW)
3位?ウーゴ・ヴィエイラ(横浜/FW)
 イバルボは圧倒的な身体能力がありながら、スルスルとゴール前に抜け出してきます。柿谷選手は異様な落ち着きで、サッカーを楽しんでいる。H・ヴィエイラは一瞬の動き出しと、フィニッシュの精度が高い。