[天皇杯準決勝]横浜 2-1 柏/12月23日/等々力
 
 逆転勝利の立役者は、紛れもなく再三のピンチをビッグセーブで救い続けたトリコロールの守護神、飯倉大樹だ。

 
 ハイライトシーンは118分にウーゴ・ヴィエイラが勝ち越しゴールを挙げた直後に訪れたピンチの場面。横浜ゴールに押し込んだ柏は、ロングスローからボールをつなぎ、最後はキム・ボギョンがバイシクルシュートでゴールを狙う。これを飯倉がスーパーセーブで弾き出す。横浜、柏の両スタンドのボルテージが最高潮に達したシーンだったが、飯倉は事も無げにその場面を振り返った。
「あの場面はすごい集中していた。ボギョンがオーバーヘッドをするなと思ったし、コースもここしかないとイメージができていた。だから、難しくなかったとは言わないけど、ある程度余裕を持って弾けたかなと」
 
 試練は立ち上がりから横浜ゴールに向かって突きつけられた。11分、柏のハモン・ロペスに40メートルはあろうかという鮮烈なミドルシュートを叩き込まれると、畳み掛けるように直後の12分には伊東純也の決定的なヘディングシュートが襲う。しかし、「入れられた後に追加点を入れさせなかったのが、このゲームのターニングポイントだった」と語る飯倉が、至近距離からの伊東のシュートをビッグセーブで阻止する。
 
「あれが入らなかったんで、これはまだツキがあるなと思った」
 そう守護神が振り返ったように、その後は中澤佑二、パク・ジョンスが中央でコンビを組む最終ラインも含めて、粘り強い守備で柏の攻撃を凌いでいく。それが、後半の伊藤翔の同点弾、延長後半のH・ヴィエイラの逆転弾へとつながったと言ってもいいだろう。
 
 4大会ぶりの優勝へ、守護神の意気込みもさぞ強いのかと思いきや、決勝に向けては意外なほどに冷めた見方をしている。
「本当に今年一年はずっと守って相手が疲れてスペースができたところで勝負、という形にしかウチらは勝ちを見出せていない。決勝もこの形は崩れないし、そこでどう耐えられるかがポイント」
 
 リーグ戦では2戦2敗というセレッソ大阪に対し、厳しい勝負となるのは覚悟のうえ。元日の檜舞台でもビッグセーブで流れを引き寄せるつもりだ。
 
取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

【天皇杯準決勝 横浜 2-1柏 PHOTO】延長戦の激闘を制し横浜が決勝進出!