12月23日、都内で行なわれたアディダス社によるストリートサッカーのイベント『PREDATOR presents TANGO LEAGUE SHIBUYA vs HARAJUKU』に日本代表DFの内田篤人(ウニオン・ベルリン)が参加した。
 
 同イベントには、ブンデスリーガ2がウインターブレイクに突入したために帰国中の内田の他に、鹿島アントラーズの日本代表DF山本脩斗、京都サンガの岩崎悠人ら現役組に加え、元日本代表の藤田俊哉氏と中田浩二氏も出演した。
 
 内田は山本、岩崎と3人チームを組み、ジュニアチームと約5分間のエキシビションマッチに出場。その試合中には「膝には気を付けないとね」と古傷のことに触れる自虐ネタやゴールなどで、大いに会場を盛り上げた。
 
 一部報道で話題となっている古巣・鹿島へ復帰する可能性については明言を避けたが、イベントに参加した少年たちに対して、「いつか、同じピッチに立てるように待っています。僕も頑張ります」とエールを送って、観客から拍手を送られた。