高校・ユース年代の最高峰の舞台、高円宮杯U-18サッカーリーグ。昨年度はEAST王者のFC東京U-18が、WEST王者のヴィッセル神戸U-18を下して初優勝を飾った。その一方で、プレミアリーグ及びプリンスリーグの参入戦も四国以外は終了。今年度の参戦チームがほぼ出揃った。

 まず、WESTとEASTの東西2手に分かれて争われるプレミアリーグは新たに流経大柏、磐田U-18、名古屋U-18、富山一が加わる。このうち、初昇格の磐田を除いた3チームは復帰組となり、流経大柏と名古屋は2年ぶり、富山一は4年ぶりのトップリーグ参戦だ。ただ、割り振りがまだ固まっておらず、現時点でWESTとEASTの組み分けは未定となっている。

 両リーグの2018年エントリー予定チームは以下の通り(カッコ内の順位は2017年シーズンのもの)。
※参加チームは変更になる場合があります。

プレミアリーグ ★=昇格チーム ◆=降格チーム
FC東京U-18(東京/EAST・優勝)
清水エスパルスユース(静岡/EAST・2位)
青森山田(青森/EAST・3位)
鹿島アントラーズユース(茨城/EAST・4位)
柏レイソルU-18(千葉/EAST・5位)
京都サンガF.C. U-18(京都/EAST・6位)
市立船橋(千葉/EAST・7位)
浦和レッズユース(埼玉/EAST・8位)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫/WEST・優勝)
サンフレッチェ広島F.Cユース(広島/WEST・2位)
ガンバ大阪ユース(大阪/WEST・3位)
東福岡(福岡/WEST・4位)
セレッソ大阪U-18(大阪/WEST・5位)
阪南大高(大阪/WEST・6位)
米子北(鳥取/WEST・7位)
アビスパ福岡U-18(福岡/WEST・8位)
★流経大柏(千葉/プリンス関東・2位)
★磐田U-18(静岡/プリンス東海・2位)
★富山一(富山/プリンス北信越・優勝)
★名古屋U-18(愛知/プリンス東海・優勝)
 
 また、プリンスリーグもプレミアリーグ参入戦の結果を受け、昇降格のチームが決まった。北海道では駒大苫小牧、東北では選手権出場43回の古豪・秋田商がプリンスリーグに復帰。関東では選手権ベスト4の矢板中央と、鈴木武蔵(長崎)などを輩出した桐生一が昇格し、プレミアリーグから降格してきた横浜ユースと大宮ユースや、育成の名門・東京Vユースと選手権覇者・前橋育英とともにプレミアリーグ昇格を目指す。

プリンスリーグ北海道
北海道コンサドーレ札幌U-18(1位)       
旭川実(2位)
札幌大谷(3位)
北海道大谷室蘭(4位)
東海大札幌(5位)
帯広北(6位)
★札幌創成(札幌1部/2位)
★駒大苫小牧(道南1部/優勝)
 
プリンスリーグ東北
青森山田セカンド(青森/優勝)
尚志(福島/2位)
モンテディオ山形ユース(山形/3位)
ベガルタ仙台ユース(宮城/4位)
仙台育英(宮城/5位)
遠野(岩手/6位)
盛岡商(岩手/7位)
山形中央(山形/8位)
聖光学園(福島/9位)
★秋田商(秋田/県1部・優勝)
 
プリンスリーグ関東
◆大宮アルディージャユース(埼玉/EAST・9位)
◆横浜Fマリノスユース(横浜/EAST・10位)
前橋育英(群馬/優勝)
三菱養和ユース(東京/3位)
川崎フロンターレU-18(神奈川/4位)
山梨学院(山梨/5位)
東京ヴェルディユース(東京/6位)
桐光学園(神奈川/7位)
★矢板中央(栃木/県1部・優勝)
★桐生一(群馬/県1部・2位)

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定〜高校・ユース編
 北信越は3チームが昇格。富山一はトップチームがプレミアリーグに昇格するとともに、セカンドチームがプリンスリーグ昇格を果たし、選手層の厚さを見せつける格好となった。一方の東海は上位2チームがプレミアリーグに参入したため、昨年度のプリンス組が全チーム残留を果たしている。また、関西は今年度も高体連組だけの戦いとなった。しかし、プレミア降格組の神戸弘陵や選手権出場組の大阪桐蔭に加え、京都橘や町野修斗(横浜)を輩出した履正社など、全国レベルの実力校が顔を揃えるだけにここを勝ち抜くのは容易ではないだろう。

プリンスリーグ北信越
帝京長岡(新潟/2位)             
星稜(石川/3位)
日本文理(新潟/4位)
新潟明訓(新潟/5位)
アルビレックス新潟U-18(新潟/6位)
長岡向陵(新潟/7位)
北越(新潟/8位)
★開志学園JSC(新潟/県1部・優勝)
★富山一セカンド(富山/県1部・優勝)
★カターレ富山U-18(富山/県1部・2位)
 
プリンスリーグ東海
静岡学園(静岡/3位)
JFAアカデミー福島(静岡/4位)
帝京大可児(岐阜/5位)
浜松開誠館(静岡/6位)
藤枝東(静岡/7位)
清水桜が丘(静岡/8位)
中京大中京(愛知/9位)
藤枝明誠(静岡/10位)
★FC岐阜U-18(岐阜/県1部・優勝)
★名経大高蔵(愛知/県1部・優勝)

プリンスリーグ関西
◆神戸弘陵(兵庫/WEST・9位)
大阪桐蔭(大阪/優勝)
京都橘(京都/2位)
近大附(大阪/3位)
東海大仰星(大阪/4位)
金光大阪(大阪/5位)
履正社(大阪/6位)
★東山(京都/県1部・優勝)
★滝川二(兵庫/県1部・優勝)
★近大和歌山(和歌山/県1部・優勝)
 
 中国は高川学園とガイナーレ鳥取U-18が新たに参戦。近年は広島と岡山勢が上位争いを繰り広げているが、昇格組がどこまで食い下がれるか注目だ。四国は現時点で8チームの参戦が確定。残り2枠は2月17、18、24日の参入戦で決まる予定だ。一方、九州はプレミアリーグから大津が降格。しかし、昨年は2年生主体で戦っており、今年はタレント力を含めて全国屈指のレベルにある。この熊本の雄を中心に他の九州勢と昇格組の筑陽学園がどのような戦いを見せるのか必見だ。

プリンスリーグ中国
広島皆実(広島/優勝)
瀬戸内(広島/2位)
サンフレッチェ広島ユースセカンド(広島/3位)
立正大淞南(島根/4位)
作陽(岡山/5位)
玉野光南(岡山/6位)
岡山学芸館(岡山/7位)
ファジアーノ岡山U-18(岡山/8位)
★高川学園(山口/県1部・優勝)
★ガイナーレ鳥取U-18(鳥取/県1部・優勝)

プリンスリーグ四国
徳島ヴォルティスユース(徳島/優勝)
愛媛FC U-18(愛媛/2位)
徳島市立(徳島/3位)
四国学院大香川西(香川/4位)
松山工(愛媛/5位)
高松商(香川/6位)
大手前高松(香川/7位)
明徳義塾(高知/8位)
※残りの2チームは未定
 
プリンスリーグ九州
◆大津(熊本/WEST・10位)
サガン鳥栖U-18(佐賀/優勝)
長崎総科大附(長崎/2位)
大分トリニータU-18(大分/3位)
神村学園(鹿児島/4位)
日章学園(宮崎/5位)
V・ファーレン長崎U-18(長崎/6位)
鹿児島城西高等学校(鹿児島/7位)
九国大付(福岡/8位)
★筑陽学園(福岡/県1部・優勝)