18日、「サニックス杯2018」の最終日が福岡県宗像市にあるグローバルアリーナで行なわれた。

 4日目となった最終日は、決勝戦と各順位決定戦を実施(全試合40分ハーフ)。13:30からのファイナルでは、一昨年度の選手権覇者・青森山田高と地元の福岡U-18が初優勝を懸けて対戦した。
 
 プレミアリーグ勢対決で先手を取ったのは青森山田高だ。前半5分に右サイドを抉ったバスケス・バイロン(新3年)がゴール前にラストパスを配給。小松慧(新3年)が絶好機を見逃さず、冷静にネットを揺らした。
 
 青森山田高はリードを奪うと、盤石のゲーム運びを披露する。両サイドハーフのバスケス・バイロンや檀崎竜孔(新3年)を起点に迫力のある攻めを繰り出し、守ってもCBの三國ケネディエブス(新3年)と守護神の飯田雅浩(新3年)らが勇戦。福岡U-18のアタックを身を挺して跳ね返し、前半を無失点で折り返した。
 
 優勢に試合を進める東北の雄は、後半4分に先制ゴールと同様の形で相手の守りを崩すと、小松の折り返しにバスケス・バイロンが合わせて追加点。その後も危なげなく試合を進め、14分には再び小松のパスからバスケス・バイロンが3点目を奪って勝負あり。決定力と堅守を見せた青森山田が嬉しい初優勝を飾った。

 試合後に黒田剛監督は「予想以上に守備ができていた」と大会を総括し、選手たちの頑張りを評価。ただ、勝利をしたからこそ今後の取り組みが重要になるとも語り、「さらに積み上げていく作業をしないといけない。油断をしてしまうと、この先勝てなくなる可能性がある」とプレミアリーグ開幕に向けて気を引き締めていた。
 
 3位決定戦は、プリンスリーグ九州所属の鳥栖U-18が、プレミアリーグ組の神戸U-18を2-1で撃破。グローバルアリーナ杯(予選リーグ3位、4位による下位トーナメント)では市立船橋高が今冬の選手権王者・前橋育英高を4-1で破り、前回チャンピオンの意地を見せる格好となった。
 
【PHOTO】選手権を彩った来季のスター候補生・下級生ベストイレブン!

18日の結果は下記の通り。
 
決勝
福岡U-18 0−3 青森山田高
 
3位決定戦
神戸U-18 1−2 鳥栖U-18
 
5位決定戦
流経大柏高 3−1 日章学園高
 
7位決定戦
FC東京U-18 3−1 大津高
 
9位決定戦(グローバルアリーナ杯/下位トーナメント・決勝)
市立船橋高 4−1 前橋育英高
 
11位決定戦
東福岡高 3−2 光州FCユース(韓国)
 
13位決定戦
U−17マレーシア代表 3−1 FCイジョレツ・インコンユースFC(ロシア)
 
15位決定戦
清水高(台湾)1−5 東海大福岡高
最終順位
1位 青森山田高
2位 福岡U-18
3位 鳥栖U-18
4位 神戸U-18
5位 流経大柏高
6位 日章学園高
7位 FC東京U-18
8位 大津高
9位 市立船橋高
10位 前橋育英高
11位 東福岡高
12位 光州FCユース(韓国)
13位 U−17マレーシア代表
14位 FCイジョレツ・インコンユースFC(ロシア)
15位 東海大福岡高
16位 清水高(台湾)

グッドマナー賞
青森山田高

MVP
FW 小松慧(青森山田高/新3年)

ベストイレブン※MVP以外から選出
GK 
原田圭吾(福岡U-18/新3年)

DF
岡井駿典(市立船橋高/新3年)
常陸宙太(福岡U-18/新3年)
三國ケネディエブス(青森山田高/新3年)
平瀬 大(鳥栖U-18/新3年)

MF
福島隼人(大津高/新3年)
北島祐二(福岡U-18/新3年)
檀崎竜孔(青森山田高/新3年)
芳賀日陽(FC東京U-18/新3年)

FW
鈴木陽介(日章学園高/新2年)
芹田悠真(流経大柏高/新3年)