4月17日にヨルダンで行なわれる女子アジアカップ・準決勝の日本女子代表vs中国女子代表のスタメンが、20時(日本時間18日・2時)のキックオフに先がけて発表された。

 13日のグループステージ最終戦でオーストラリアと引き分け、2019年のワールドカップ出場が決まったなでしこジャパンは岩渕真奈らを先発で起用。その一方でGKには池田咲紀子を起用するなど、フレッシュな面々もセミファイナルのピッチに送り込んでいる。

【スタメン】
GK
1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)
DF
2 宇津木瑠美(シアトル・レイン/USA)
4 熊谷紗希(リヨン/FRA)
6 有吉佐織(日テレ・ベレーザ)
22 清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
23 三宅史織 (INAC神戸)

MF
7 中島依美(INAC神戸)
14 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
16 隅田 凜(日テレ・ベレーザ)
19 増矢理花(INAC神戸)

FW
8 岩渕真奈(INAC神戸)

【画像】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがなでしこLデビュー! 最新厳選フォトをチェック!