[国際親善試合]日本0-2スイス/6月8日/ルガーノ(スイス)

 現地時間6月8日にルガーノで行なわれた親善試合、スイス戦で0−2の完敗を喫した日本代表。前回のガーナ戦とは打って変わり、従来の4−2−3−1システムに戻して臨んだが、最新FIFAランク6位の強豪を相手にしたテストマッチは完封負けに終わった。これで日本は国際Aマッチ3連敗で、2戦連続のノーゴールだ。
 
 日本サッカー協会の公式ツイッターにはファンからの投稿が相次いだ。ある程度の健闘を称える向きがあるにはあるが、やはり守備面のミスと連携不足、攻撃面での手詰まり感に批判が殺到している。いくつかをピックアップして紹介しておこう。

 
「本選前に個々の力じゃなく完全に崩されてるようじゃ話にならない」
「縦に速いサッカーをしろって、斜めの動きが圧倒的にスイスより少ない」
「応援するし頑張ってほしいけど、こういう試合はもう観たくない」
「ホイッスルまで諦めないで。1点取るって気持ちをプレーに、そしてチーム全体でもっと前面に出さないとダメだと思います」
「勝つ気あるのか! 気持ちが全然足りない」
「このスコアは見飽きたなー」
「(シュートが)キーパー正面か枠外しか行ってない」
「負けは負けでもハリルの時は得点は取っていた。本当に1%でも確率が上がったんですか?」
「なにあれ? 川島やばくない?」
「パスミスして笑ってる川島を使い続ける監督にも呆れました」
「ほんまあの崩され方から得点までウイイレみたいじゃなかったですか?」
「今はなにがしたいのか分かんない。応援は当然するけど、明るいビジョンがまったく見えない」
「得点の匂いがほとんどしなかったな。まあ格上相手なので妥当か」
「全員自信のない顔して勝てるわけない。ベテランの経験はどこで役立たせるんだ?」
「W杯直前ですよね? 直前の監督交代で時間がないのに必死さが伝わりません」
「1点は絶対PKで取られるってのがよーく分かったな」
「格上とはいえどもえもう少し頑張ってほしかった」
「4年前とほぼ同じ面子なのになんでこんなに連携が悪いんだろ」
 
 日本は6月11日のパラグアイ戦が最後のテストマッチ。同19日にグループリーグの初戦、コロンビア戦を迎える。

【日本代表PHOTO】スイス2-0日本|得点奪えず西野ジャパンが2失点の完敗。ガーナ戦に続いて2連敗を喫す

【日本代表PHOTO】スイス戦を前に湖畔を散歩する日本代表