[国際親善試合]日本4-2パラグアイ/6月12日/オーストリア・インスブルック

 日本が西野体制初白星となる勝利を鮮やかな逆転劇で飾った。

 この試合で日本は、8日のスイス戦からスタメン10人を入れ替えて臨んだ。キャプテン・長谷部誠に代わってキャプテンマークを着けたのは「ミーティングの時に言われた」という山口蛍だ。

 試合後、報道陣からキャプテンマークのことを問われた山口は、「まあそうですね。ハセさんが何年もつけてる重圧だったりとか、そういうものはすごく感じましたね」と、感慨深く語った。

 西野ジャパンではガーナ戦に先発出場したものの、結果を残せず、「自分も含めて良いパフォーマンスを出せなかった。攻撃にしても、守備にしてもどうチームとしてうまくやっていくのか」と、肩を落としたが、この日は一転して、個人としてもチームとしても手応えを得る勝利となった。
「そうですね、まあ個人というよりかは、チームとして今日はすごい攻撃も守備もうまくできてたと思うし、それが一番よかったんじゃないかなと思います」

 チームはこの日も、過去2戦同様、先制点を許す苦しい展開となったものの、山口はチームが冷静さを失わずに逆転勝利に持ち込めた要因を次のように話した。
「やっぱり失点するまでもいい流れで来てたと思うし、ズルズル引くんじゃなくて、前から行く時と前から行かなくても高い位置でしっかりブロックを作ってやることが、明確にできていた。失点したからと言ってやっぱりそれをやめないで前半同様しっかり前から行こうっていうふうにみんなで話ができた。それを後半もしっかりできたから、結果につながったんじゃないかなと思います」
 
 新体制となって初の勝利を掴んで、いよいよロシアの地へ赴く。
「勝てていないなかでいくよりかは、やっぱりずっと勝ちがなくて、しっかりここで勝てたので、その流れで行けるのは良かったですよね」

 キャプテンとしてチームを新体制初勝利に導いた男は、コロンビアとの初戦で再びピッチに立ってチームを中盤の底から支えるのか? 山口の闘志溢れるパフォーマンスに期待したい。

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

【日本代表PHOTO】SAMURAI BLUEがサポーターに神対応!