イングランド・サッカー界で功績を残してきた名手が、プロキャリアの終焉を迎えてから7か月、現役時代の壮絶な過去を告白して話題となっている。

 驚きの事実を明かしたのは、現地時間10月9日に英紙『Times』のインタビューに応じた元イングランド代表MFマイケル・キャリックだ。

 1999年にウェストハムでトップチームデビューを飾ってから今年3月に引退するまでの19年間で、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドでプレー。派手さはないものの、気の利いたポジショニングやパスを駆使し、「縁の下の力持ち」として活躍したいぶし銀プレーヤーだった。

 現在はジョゼ・モウリーニョの参謀役としてマンチェスター・Uのアシスタントコーチを務めているキャリックは『Times』のインタビューで、キャリアの絶頂期を築こうとしていた2008-09シーズンにうつ病を患っていたことを明かした。

 同インタビューによれば、引き金となったのは、シーズンを締めくくる大一番、バルセロナとのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝だった。

 前年度にもCL制覇を成し遂げていたマンチェスター・Uは、まさに最強という名にふさわしい陣容が揃っていた。

 クリスチアーノ・ロナウド(現ユベントス)、ウェイン・ルーニー(現DCユナイテッド)、カルロス・テベス(ボカ・ジュニオルス)といった攻撃陣に加え、守備陣もリオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、エドウィン・ファン・デルサルが居並ぶ鉄壁の布陣……。

 しかもチームを率いていたのは、百戦錬磨の名将アレックス・ファーガソンとあって、欧州連覇も夢ではないとされていた。

 しかしローマで迎えた決勝で、彼らを待っていたのは大きな失望だった。ジョゼップ・グアルディオラが率いて1年目のバルセロナに手も足も出ず、サミュエル・エトーとリオネル・メッシにゴールを許し、0-2と完敗を喫したのだ。

 この試合にボランチの一角として先発出場したキャリックは、エトーの先制点の場面でパスミスを犯し、責任を痛感。それから約2年もの間、底知れない意欲の低下に苛まれ続けたという。

「あのゴールの後、僕はひどく打ちのめされてしまった。キャリアの中で最大の低迷だったし、なぜ負けたのかが分からず、自問自答したよ。『どうしてあんなことをしてしまったんだ』とね。それからは、ずっと心の中で雪が降っていたような感じで、タフな時が続いたんだ。

 日増しに自分がひどく落ち込んでいるのがわかった。『ああ、これがうつ病なんだ』って思ったよ。1回限りのことじゃなかったから、そう感じたんだ。試合後に気分が悪くなったり、嫌な気持ちになることはあったけど、それまでは2日も経てば回復していた。だけど、あの時はずっと苦しめられたんだ……」
 キャリア最大の敗戦によって喪失感に苛まれたキャリックは、2010年南アフリカ・ワールドカップのイングランド代表メンバーに選出されたが、「W杯は僕の夢だったけど、あの時は正直、行きたくなかった。家にいたかった」と振り返る。それでも、うつ病の事実は誰にも明かさなかったという。

「家族でさえ、うつ病のことを知ったのは最近さ。ほとんど、何も知らなかったんだ。なぜか、言えなかった。だからチームメイトたちは、このインタビューを読んで知るはずだよ」

 その後、通院などを経て、病を克服したというキャリック。現在は前述の通り、モウリーニョの右腕として、古巣で後進の指導に励んでいる。現在37歳の元イングランド代表MFは、現在のサッカー選手の“暗部”についても語っている。

「選手は、まるで機械のように成績を出すことだけを求められる。結果を出し続け、パフォーマンスを維持し続け、良い給与を貰って、ビッグクラブでプレーする。それで失敗すれば、『なぜ、結果が出せないのか』と非難される。だけど、それを続けることは簡単じゃない。サッカー選手は、みんなが知らない苦悩を抱えているんだ」

 多くの人々の脚光を浴び、華々しさが先行するサッカー界。そこで活躍するスターたちは、人々の憧れの存在だが、一方で精神疾患に苛まれてしまうほどの過酷なプレッシャーと日々隣り合わせであることも、忘れてはならない。