右利きなのか、左利きなのか――。どちらの足でも正確かつ強烈なシュートを放つイバン・ペリシッチのプレーを見ると、そんな疑問が浮かんでくる。本人はこう語る。

「元々は左利きなんだけど、ずっと両足をトレーニングしてきたからね、右足も苦手意識がなくなったよ。左足よりも調子が良い時があって、『今度は右足だけでシュートを撃とうかな』なんて冗談を言うほどね」

 ペリシッチがそんな〝練習の虫〞になったのは、スプリト郊外のオミシュで養鶏業を営んでいた父アンテのお陰だ。11歳で名門ハイドゥク・スプリトに入団した息子に、パーソナルトレーナーとコンディショニングトレーナーを雇って英才教育を施した。

 そして、17歳だった2006年にトップチームの夏合宿に参加。しかし、プロ契約を結ぶ直前になってフランスのソショーへと移籍する。父のビジネスが傾き、契約金を借金返済に充てるためだった。

「難しい判断だったが、イバンの移籍は家族にとって最良の選択だった。妻と妹も一緒にフランスに連れていくことで、私がもたらした苦しみから家族全員を救ったんだ」

 父アンテはそう振り返る。
 西欧のクラブに青田買いされたクロアチア人選手の多くは、適応に手間取るうちに出場機会と自信を失い、表舞台から消えていくケースが少なくない。ペリシッチも決して順風満帆ではなかった。

 ハイドゥクが契約違反を訴え出たためソショーで公式戦出場が叶わず、ようやくピッチに立てるようになった07年には獲得を望んでくれたアラン・ペラン監督が退団。約2年間に渡りBチームで燻り続けた。

 ただ、09年1月にベルギーのルーセラーレにレンタル移籍し、最下位だったクラブを残留に導く活躍を披露。同年夏にはハイドゥク復帰の話が持ち上がり、本人も喜んだという。

 しかし、ペリシッチはここで大きな決断を下す。さらに膨れ上がっていた父の借金を返済するため、より条件の良い西欧(ベルギーのクラブ・ブルージュ)に残ることを選んだのだ。
 以降のキャリアは周知の通り。ドルトムント、ヴォルフスブルク、そしてインテルとステップアップしていき、ロシアW杯では3ゴールを挙げて決勝進出に大貢献した。

 こうしてスターの仲間入りを果たしたペリシッチだが、選手としてひとつだけやり残したことがある。W杯後のインタビューで「ハイドゥクでプレーすることは夢だった」と胸中を吐露し、こう続けた。
「残念ながら僕は早くに国外に出る必要に迫られ、トップチームではあの白いユニホームに袖を通せなかったんだ。1シーズンでもいいからハイドゥクでプレーしたい。いつか実現させるつもりだよ」

 多額の借金を肩代わりする破目になったとはいえ、プロフットボーラーになるため心血を注いでくれた父親への感謝も決して忘れていない。その証拠に、ペリシッチの右脚には「ボールを蹴る鶏」のタトゥーが刻まれている。

文:長束恭行

※『ワールドサッカーダイジェスト』10月4日号の連載「クロアチアW杯優勝メンバーの分岐点」より転載。同10月18日発売号では、アンテ・レビッチとマテオ・コバチッチのストーリーを掲載中。