メルボルン・ヴィクトリーのMF本田圭佑が年の瀬に自身のツイッターを更新し、突然の“告白”でファンを熱狂させた。

 大晦日に本田は「日本人の皆さん、今年もありがとうございました」と書き出し、「ちょっとホロ酔いの勢いで言うけど、」と前置きしたうえで、「お前ら全員愛してるぞ!w」と綴った。ホロ酔いであることを明かすのも珍しいが、ここまでファンにストレートに愛情を表現するのもかなりレアだ。

 とかく本田の言動にはアンチな意見が多く寄せられるが、選手本人は常日頃からそうしたリアクションさえも歓迎している、ありがたいと話している。ハリルジャパンでの不遇、ロシア・ワールドカップでの躍動、豪州Aリーグへの新たな挑戦、カンボジア代表の実質監督就任のほか、ピッチ外でもチャリティー活動や新事業の立ち上げなどで話題を振りまいた。かつてないほど大忙しだった2018年が終わるにあたって、「日本人の皆さん」に感謝の意を伝えたのである。投稿から8時間で「いいね」は16万8000強、「リツイート」は3万5000強と大反響だ。

 
 ファンからは返信欄にメッセージが殺到。「俺も愛してるよ」「ありがとう! いつまでも応援しています」「酔っていてカワイイ!」と素直に喜びを表現するものが多く、本田自身からコメントに対して「いいね」をもらって興奮するファンも続出している。クリスマスにはメルボルンの街中にサンタに扮してファンサービスするサプライズを仕掛けたが、今回はツイッター上でフォロワーを大いに楽しませた。

 ここ2戦のAリーグは体調不良もあってベンチ外が続いているが、1月5日に行なわれる年明け最初のゲーム(ウェスタン・シドニー戦)には復活してくるか。新年景気づけの一発をお見舞いしてほしいところだ。