驚きの監督人事だった。

 現地時間3月11日、レアル・マドリーはサンティアゴ・ソラーリを監督職から外すと同時に、その後任に2016年1月から2年半に渡って監督を務めたジネディーヌ・ジダンの就任を発表した。

 ジダンと2022年6月30日までの契約を電撃的に締結させたマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、そのカリスマ指揮官とともに記者会見に臨み、「ソラーリの献身さ、プロ意識、クラブへの忠誠心には感謝している」としたうえで、「この新政権が、新たな成功へと導いてくれることを望んでいる。我々は野心と期待を取り戻したい」と説いた。

 そんななか、時を同じくして“炎上”している銀河系戦士がいた。ウェールズ代表のガレス・ベイルである。

 29歳の韋駄天FWはジダンの再任が発表されるのとほぼ同じタイミングで、自身のツイッターを更新。その内容は米プロゴルフツアー『PGAツアー』を宣伝するもので、「ぜひとも見ないとね!」と自身がゴルフを楽しむ動画付きで投稿したのだ。

 恐らくこのツイートは何の意味もない、タイアップの一環として前もってセットされていたものなのだろう。とはいえ、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝でベンチスタートになったことに「イライラさせられた」とぼやくなど、以前からジダンとの不仲説が囁かれているベイルにとってバツが悪いものになったのは言うまでもない。

 そうしたジダンとの関係性に加え、今シーズンの公式戦の成績が34試合・13ゴール・5アシストと、ユベントスに移籍したクリスチアーノ・ロナウドの穴を埋める働きがまったくできていないベイルの現状に不満を抱くファンは少なくない。前述のツイートには、次のような辛辣なメッセージが殺到した。

「ジダンが帰ってきた。君はそのままおさらばだ」
「いっそのことゴルファーを目指したらどうだ?」
「ガレスにとっては最低最悪の悪夢だろうね」
「恥知らずな奴め。お前は今まで見てきたなかで一番過大評価されている」
「ジダンの帰還=ベイルの放出」
「めちゃくちゃだ」
「トッテナムで待ってるよ」

 マドリーの大不振の象徴的存在とも言えるベイル。はたしてジダンの下で、地に落ちた声価を高められるのか、それともこのままお払い箱となるのか。カリスマ指揮官の起用法とともに注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部