3月25日、本田圭佑が自身のインスタグラムを更新し、実質的に指揮を執るU-22カンボジア代表での様子を公開した。
 
 現在、本田はカンボジアで開催されているU-23アジア選手権予選に帯同中。23日にも初戦の模様を投稿していたなかで、今回は24日に行なわれたU-22韓国代表戦に関する10枚の写真をアップした。
 
 試合前にロッカールームで選手とともに円陣を組む姿や、選手たちのプレー、スタジアムに駆け付けたカンボジアのサポーター。カンボジア代表の激闘録とも呼べる写真を載せ、指揮官としての奮闘ぶりもファンに伝えている。

 試合は1−6で韓国に敗れ、カンボジアの3位以下が確定。来年1月にタイで行なわれるU-23アジア選手権への出場権は獲得できず。また、本大会は東京五輪の予選も兼ねていたため、監督“本田圭佑”として日本に凱旋する可能性は潰えた。
 
 ただ、そうした本田の奮闘にサポーターも即座に反応。この投稿に対して、多くのメッセージが寄せられている。
 
「本田さん頑張ってください」
「本田監督、お疲れ様でした‼️結果は残念でしたが...見応えあって楽しめました」
「本田選手、監督でも益々才能を発揮してください」
「現地の子供達に夢と希望を与えるなんて凄い事です!応援しています」
「目指すスタイルを体現しようとする選手たちにワクワクしました!」
「勝利を信じて応援しています」
「本田監督の愛と信念は、必ずカンボジアの未来に繋がっています」
「本田さん頑張ってください」
 
 今予選は2連敗中。26日には大会初勝利を懸け、チャイニーズ・タイペイとの最終戦に挑む。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部