5月7日、23日からポーランドで開催されるU−20ワールドカップに向け、U−20日本代表メンバー21名が発表された。
 
 メンバーには主力の齊藤未月(湘南)、郷家友太(神戸)らが順当に選出。一方、世代屈指のタレントである久保建英(FC東京)、安部裕葵(鹿島)、大迫敬介(広島)などが招集外となった。
 
 メンバー選考について影山雅永監督は次のように述べた。
 
「(アジア)最終予選を約1か月戦ったので、チーム力はあの期間にだいぶ上がった気がしています。ただ、あそこから、ここにいるすべての選手がワールドカップに行けるわけではないと言っていましたので、彼らに切符が用意されていたわけではなかったです。
 
 それから、私が責任を持って21名を選びましたので、この選手たちが日本代表としてポーランドに行って戦う。私はこの選手たちと最高の成績を出せるように準備をしていきたいと思います」
 
 また、会見に同席した関塚隆技術委員長は、「今日は世界大会に臨むメンバー21名の発表なので、影山監督と戦う選手たちにフォーカスを当てて頂きたい」と前置きしつつも、日本協会としてこんな考えを述べていた。
 
「我々が考えていく道としては、ひとつの目標に向かってしっかりと進んで行く。というのは、選手がサムライブルーに到達するために本人に適したところを見定めて、全カテゴリーの監督がひとつの目標に向かって進んで行く。
 
 技術委員会を含め、JFAがひとつになって、しっかりと選手を育てて成長させていく。ここの道は1本しっかりみんなで共通の理解を持ちながら、共有して戦っています。これだけは今日の時点ではっきりと皆さんにご説明していきたいです」

 選考の詳細は話さなかったものの、選手の目標はA代表であるという共通理解が、全カテゴリーの監督にあると説明。U−20ワールドカップは5月23日から6月15日にかけて開催されるが、6月にA代表はキリンチャレンジカップ(5日vsトリニダード・トバゴ/9日vsエルサルバドル)とコパアメリカ(14日から開催)に臨む。

 FC東京の久保、鹿島の安部、広島の大迫などは所属クラブの主力として好調だ。関塚委員長のコメントから察するに、U−20代表でも中心選手として活躍していた彼らは、U−20ワールドカップの招集を見送ったため、6月にA代表として招集される公算が大きくなった。