現地時間5月18日、ハンガリーのブダベストで女子のチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝が行なわれ、なでしこジャパンのキャプテン熊谷紗希が所属するリヨンがバルサに4-1で圧勝。4年連続6度目の優勝を飾った。

 前人未到の4連覇を目指すリヨンは、前半からバルサを圧倒する。5分に右サイドからのクロスにジェニファー・マロジャンが合わせて先制すると、14分にもまったく同じ形からエイダ・ヘーガーベルグが決めてリードを広げる。

 この元ノルウェー代表は、19分、30分にもクロスを確実に捉えて立て続けにネットを揺らし、わずか16分間でハットトリックを達成。前半でほぼ勝負を決めてしまう。
 
 後半も主導権を握ったのはリヨン。何度か決定機を迎えるも、追加点は奪えない。迎えた72分、MFジェス・フィッシュロックに代わって熊谷が登場。そのままボランチの位置に入る。

 結局、バルサの反撃を89分の1点のみに抑えたリヨンが、歴史に残る圧勝劇で、前人未踏のCL4連覇を成し遂げたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部