ボタンを掛け違えている。そのことに気付いているかいないかは、よくわからない。掛け違えではないのかもしれないが、少なくともリードを守りきり、あわよくば追加点をと戦った湘南ベルマーレを打ち崩せなかったのだから、得点がその象徴となるチームとしては面目丸潰れである。哲学と戦い方、その出発点を決して変えない風間八宏監督は何か変化が欲しい時には決まって選手や布陣を変えて11人の目線を変える。最近は、そしてこの日は特に、その手法にちょっとした誤差が生じているように見えて仕方がなかった。
 
 直前まで丸山祐市の出場可否が見えなかったチームは仕切り直しの一戦に向け、公開された練習では3−5−2の布陣をテストしていた。宮原和也と中谷進之介、そして吉田豊の3バックに加え、エドゥアルド・ネットとジョアン・シミッチのボランチ、左右のワイドポジションには前田直輝と和泉竜司、相馬勇紀の3人を試し、トップ下に米本拓司と長谷川アーリアジャスールを競合させ、2トップはジョーとガブリエル・シャビエルが不動だった。その形を非公開練習に入った2日間で3−4−3に変え、間に合った丸山を3バックに組み込み、結果として宮原が右ワイドに配置転換した。

 この変更から分かるのはチームの中に、欠かせない戦力の順列があることである。宮原に代えて丸山ではなく、丸山が入って宮原が右へ、右にいた前田はそのまま一列上がり、結果としてトップ下のポジションがなくなった。当初、トップ下には守備での役割も与えられ、前線からのディフェンスを少しでも復活させようという狙いもあったはずが、選手の揃い方でその狙い目もどこかに行った。
 
 結果として不慣れな戦い方と不慣れな組み合わせを正味2回のトレーニングで本番に持ってきた名古屋グランパスは、開始3分で起きた丸山の負傷(交代時間は9分)によっていきなりプランが崩れる。しかも丸山が治療している混乱に乗じて湘南は先制点を決め、試合展開自体も苦手な追いかける展開になってしまった。
 
「このところの勝てていない試合は追いかける展開ばかり。それはやっぱりハードなものだよ」
 
 ランゲラックはそう言って顔をしかめ、失点の場面を「深く下がりすぎてしまったと思う」と守備組織の乱れを指摘している。先制からはまだ85分間も時間が残されていたが、期待されたE・ネットとJ・シミッチのコンビはともに下がってボールを受ける傾向が強く、3トップと4人の中盤の間には大きなデッドスペースが広がることにもなった。サイドを駆け上がる人数は多くとも、得意の中央突破を仕掛ける数は少なく、湘南の堅い守りの前にG・シャビエルでさえジョーへのシンプルなクロスやフィードを狙ってばかりいた。それは一定の威力を発揮したが、普段から練習を重ねている形ではない。ボールの落下点には湘南の選手が先んじていることがほとんどで、湘南の選手しかいない場合も多々あった。
 
 要するに、名古屋は自らストロングポイントを封じ込め、効果は見込めてもあまりやったことのない攻撃で何とか反撃の糸口をつかもうとしていたわけである。もちろん、湘南は名古屋対策もきっちりと絞り込んでおり、相手のアタッキングサードの守備はかなりの人数と密度を保って対応してはいた。だからこそ相手の嫌がることをとジョーの強さを前面に押し出した意図は理解できる。
 
 ただ、その戦法を最大化する努力をしていたかと言えば疑問符をつけざるをない。前述したように前田や相馬がどれだけクロスを上げても先に触るのは湘南の選手で、G・シャビエルのコーナーキックやフリーキックは手前で引っ掛かることが多すぎた。ミドルシュートの一発でも見せれば守備の出方も変わろうものだが、ボールはゴール前を固める相手の周りを動き回るばかり。ペナルティエリアの攻略という自分たちらしさを追求したいのであれば、その流れからエリア内での連係を出していかないことにはクロスなどの“オプション”は散漫なだけの攻めになってしまう。
 
 印象的なのがハーフタイムの両監督の指示だ。決定機を仕留めること、前進を意識すること、落ち着いて攻めること、という一貫した指令を出し続ける風間八宏監督に対し、曺貴裁監督は自分たちのトレーニングを信じろ、苦しい時を我慢して凌いでもう1点取ろうとハッパをかけている。もちろん指示はこれだけではないだろうが、現状認識と未来予測において曺監督の選んだ言葉は実に適切だったと言える。
 

 後半の45分間は名古屋がほとんどの時間帯で試合を支配し、相手の4倍に及ぶシュートを記録した。しかし結果は名古屋の得点がゼロで、相手が攻め疲れを起こした瞬間に集中力を維持した湘南が見事なカウンターパンチを浴びせて追加点を奪っている。
 
 この点、名古屋に足りないのはもしかすると、集中力ではなく広い意味での忍耐力なのかもしれない。守備だけでなく、じわりじわりと追い詰めていく攻撃の展開の中で辛抱強く“その時”を待てるか。そしてその瞬間を見逃さないか。決定機を仕留めるとは、決定機を迎えた時に自分をどれだけ冷静に保てるかにかかっている。とあるクラブOBの言葉を思い出す。「サッカーとは、どれだけ判断を待てるかなんだ」。湘南に敗れ去った名古屋には、焦りと安易な判断ばかりが充満していたように思える。
 
 7戦勝ちなし、3連敗という現状は泥沼とまでは言えないが、勝てない、うまく戦えないというピッチ上の有様は早急に改善せねば足下がおぼつかなくなってくる。週2回の過密日程がようやく終わり、1日のオフを挟んで再始動するチームが打つ次の一手はどこにあるか。指揮官の手腕も、選手たちの底力も、その双方が試される時期を名古屋は戦っている。
 
取材・文●今井雄一朗(スポーツライター)