キリンチャレンジカップのパラグアイ戦は、日本が2対0でコパ・アメリカ8強の相手に勝った。
 
 日本は前半、素晴らしいサッカーを展開していた。パス回しはスピーディで、ゴールに向かおうとする意欲が伝わって来たし、真ん中とサイドの使い分けが非常にうまくいっていた。そうした流れのなかで大迫や南野のワンタッチゴールも生まれた。
 
 あの前半のようなサッカーができていれば、どんな国を相手にしても日本はかなり良い戦いができるんじゃないかな。一方で後半になってメンバーがどんどん入れ替わるにつれて、ちょっとずつサッカーの内容も変わっていった。後半の見どころは、良くも悪くも久保だったと言える。まだ18歳なのに、これだけ注目されているなかで、本当に堂々としたプレーを見せていた。
 
 久保はサイドでボールを持つシーンが多かったが、相手に囲まれてもまるで動じない。屈強なパラグアイのDFに対しても、ビビるような素振りは見せなかったのは大したものだ。
 
 ただし気になったのは、後半あれだけシュートを放ちながら、決定機で決め切れなかったこと。周りにもなんとか久保にゴールを取らせてやろうという意思が見えたけど、ついにパラグアイ戦での“最年少ゴール”はお預けになった。
 

 もちろん今後、ゴールを奪うのも、記録を達成するのも時間の問題だと思うが、パラグアイ戦のプレーを見る限りでは、久保は少しサイドに張り過ぎのような気もした。もっとアタッキングサードでは中に入った方がゴールに近づいてプレーできたはず。決定機もより多く生まれたんじゃないかな。さらに代表で経験を積んで、周囲との連係がスムーズになっていけば、必然的にチャンスもゴールの数も増えていくだろうけれどね。
 
 それにしても、すでにA代表の常連となって久しい堂安や、パラグアイ戦で充実したパフォーマンスを発揮した冨安など、久保も含めて東京五輪世代の突き上げがどんどん出てきている。吉田や長友といったベテラン勢もいまだ健在ぶりは示しているけど、いつ取って代わられるか分からないね。来年の東京五輪を経て、またどんな風にメンバーが変化しているのか楽しみだよ。
 10日には、いよいよワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦に挑むことになるが、ここで結果を出せないようでは話にならない。油断はいけないが、平常心でやれば少なくとも3、4点差で勝てる相手だ。
 
 パラグアイ戦のように中と外をうまく使い分けて、ブロックで固めてくる相手を翻弄できれば点はおのずと入ると思うよ。先発するのかどうかは分からないが、大迫もあまりサイドに出て行く必要はないだろう。やはりパラグアイ戦のような、中央エリアで相手と駆け引きをしながら、一瞬の隙を突いてゴールを奪うシーンを増やしたい。そういうゴールが増えていけば、いずれ私の75得点(日本代表最多得点記録)という記録くらい簡単に超えられるはずだよ。
 
 まずはミャンマー戦に集中して手応えのある勝利を掴んでほしい。そうすれば、今後の予選の戦いにも勢いが生まれるんじゃないかな。
 
【日本代表PHOTO】南米強豪パラグアイに2-0快勝!後半出場の久保は無得点も随所に輝き!

【大迫&南野PHOTO】チームを勢いに乗せる「ハンパない」プレーで勝利に導く!

【久保建英 PHOTO】後半から登場し、その左足で圧倒的な存在感を放つ!