Jリーグは9月12日、各月で最も活躍した選手を表彰する「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI 月間MVP」の8月度の受賞者を発表した。
 
 J1では広島の柏好文、J2では柏のオルンガ、J3では群馬の髙澤優也がそれぞれ初選出された。

 柏は、鋭いドリブル突破で敵陣を切り裂き、労を惜しまぬフリーランニングなどで守備網に風穴を開け、現在リーグ戦11試合無敗と好調の広島に大きく貢献。8月の4試合では全試合にフル出場を果たし、2ゴールを記録した。

 選考委員会の原博実委員長は柏について、「好調の広島を牽引。柏のドリブル、パスで試合を決める事が出来る。身体のキレは抜群。柏にマークが集まり他のプレーヤーがフリーになれる」と絶賛。
 
 また、8月の5試合で6ゴールと、前線で圧倒的な存在感を見せたオルンガに対しては、「連勝の柏の原動力、躍動感溢れるドリブル、跳躍力を活かしたヘディング。6得点2アシストは文句なし」と評価した。

 3戦連続で決勝点を奪うなど群馬で絶対的エースとして君臨している髙澤へは、「群馬のストライカー、難しい態勢からのヘディングが得意。長野戦でのアディショナルタイムのダイビングヘッドはチームに勢いをもたらせた」と選考理由を述べている。
 
各受賞選手のコメントは以下の通りだ。
 
【J1】
●柏 好文(広島/MF)
「この度、8 月月間MVP に選出され大変嬉しく思います。このような賞を受賞できたのも、チームの結果、そして自分たちのやってきたサッカーが評価されてのことだと思いますので、みんなで取った賞だと思います。この賞を励みに、より一層高みを目指し、残りのJリーグ、そして広島を盛り上げられるよう頑張っていきたいと思います」
 
【J2】
●オルンガ(柏/FW)
「まず、この月間MVPを受賞できたことを神様に感謝したいと思います。そして、私を支えてくれたチームメイトやコーチングスタッフのおかげでもあり、常に自分が良い試合ができるようにサポートしてくれました。またサポーターの皆さんとともにレイソルのファミリー全体の存在があったからこそ、このように光栄な賞をいただけたと思います。8月で最も印象に残る試合はハットトリックを決めた8月10日の山口戦、ファンタスティックなゲームで良い感覚でプレーすることができました。そしてベストゴールは、8月17日の長崎戦のヘディングシュート。とても難しい状況で、難しい角度のボールを決めることができました」
 
【J3】
●髙澤優也(群馬/FW)
「今回、このような賞を受賞することができてとても嬉しく思います。この賞を受賞できたのは、勝利のために共に戦っているチームメイト、スタッフ、そして熱い応援で盛り上げてくれているサポーターの皆さんのおかげです。チームは今、J2昇格という目標に向かって一丸となって戦っています。これからの残り試合も昇格のために全力を尽くして頑張っていきたいと思います。僕も、FWとしての役目をしっかり果たし、そしてJ3得点王になれるよう頑張りたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部