日本代表の森保監督は11月18日、キリンチャレンジカップのベネズエラ戦(19日/吹田スタジアム)に向けた前日会見に臨んだ。

「ここ吹田で、非常に南米でも力のある相手と戦えることを嬉しく思いますし、我々の日本代表の強化となる貴重な試合ができることを楽しみにしています。試合では勝利を目指して、サポーターのみなさま、メディアを通して応援してくださる方々に喜んでいただけるようにしたい」

 前日練習を前に、そう意気込んだ森保監督は、明日のスタメンについても言及。「まず基本的にはキルギス戦を戦った選手たちを軸に明日のメンバーを考えていきたいと思います。しかしながら、長距離移動で疲労が蓄積された状態での戦いになる。今日のトレーニングで、選手のコンディションを見て、明日の選考につなげたい」と、14日に敵地で行なわれたキルギス戦のメンバーを主体にすることを明言した。
 
 さらにシステムについては、「3バックも4バックも考えて、今回のメンバーを選考させてもらっています。明日は4バックをスタートで使いながら、試合の途中にどうしていくか考えたい。今日のトレーニングでまた内容を見て変わるかもしれないですけど、その時はお許しください」と話している。

 今回は進藤亮佑(札幌)、荒木隼人(広島)、古橋亨梧(神戸)、オナイウ阿道(大分)という新戦力も招集しているが、はたして森保監督はどんなメンバーをチョイスするのか。気になるところだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)