[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田

 前半だけで4失点……DFとしては「悔しい」の一言では済ませられない結果だろう。

 森保ジャパンでは久々の出場となったCBの畠中槙之輔にとり、レギュラー定着のためにアピールしたかったはず。だが、思うようなパフォーマンスを見せられなかった。

「自分たちの時間をなかなか作れなかったところもあります。苦しい時間をしのいで、ボールを取って、攻撃っていう時にまた取られてカウンターとか。本当はそういうなかでも、修正していかなければいけないけど……」

 この日の日本は、とりわけ前半は組織的に守れたとは言い難かった。個々が局面で奮闘は見せていたものの、点と点が線になかなかならず、ひとつかわされれば、その後の対応で後手を踏むなど、ベネズエラの選手たちを上手く捕まえ切れなかった。

「前からプレッシャーをかけるには、しっかり連動しなければ簡単に剥がされてしまう。そこは連動性とか、もっとしゃべってやらなければいけないと思った」

 反省すべき点は多々あるが、様々な課題が見えたことを収穫としたい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本×ベネズエラを彩った美女サポーターたち!

【日本代表PHOTO】日本 1−4ベネズエラ |森保ジャパン、前半だけで4失点…後半に山口蛍のゴールで一矢報いるも惨敗