[キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田

 結果的には、前半だけで勝負はついてしまったと言うべきだろう。ベネズエラをホームに迎えた親善マッチで、森保ジャパンは最初の45分間だけでまさかの4失点。後半に山口蛍の渾身のミドルで1点を返したが、反撃もそこまで。文字通りの完敗だった。

 立て続けに失点した要因はどこにあったのか。「守備から入った時の、チームとしてのイメージが合っていなかったのかなとは、率直に感じます」と振り返る浅野拓磨は、さらにこう続ける。

「チームとしては、前から行こう、と。2トップがしっかり限定して、後ろもそれについてくるという形は、全員で意識はしていたと思うんですけど、意識だけではなかなか、うまくいかないのが、今日の試合だったかなと思います」

 準備はしっかりしていたが、「相手のポジショニングだったり、技術が高くて、フィジカル的にもレベルが高い選手が多いなかで、チームとしてじゃあどうしようかという考え方ができなかったのかなと、特に前半はそう感じました」。

 混乱とまではいかないが、想定していた戦いができなかった時に、チームとしてどう意識を統一させて立て直していくか。この日の森保ジャパンはそれができなかった。

「なかなか簡単なことではないですけど、4失点する前に、ちょっとでも修正して、少しでも失点を抑えることで、次につなげるという切り替えをもっとできるようにならないと、とは思いました」

 修正を施す前に、失点を重ねれば、流れはさらに悪くなる。個々の判断にも迷いが生じたのかもしれない。負のスパイラルから抜け出せないまま、日本は無残な敗戦を喫した。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本×ベネズエラを彩った美女サポーターたち!

【日本代表PHOTO】日本 1−4ベネズエラ |森保ジャパン、前半だけで4失点…後半に山口蛍のゴールで一矢報いるも惨敗