第98回全国高校サッカー選手権大会は12月31日、1回戦の15試合が行なわれた。優勝経験のある実力校の静岡学園、前橋育英、四日市中央工などが登場した。

 1回戦屈指の好カードとなった前橋育英対神村学園の一戦は、両者譲らずPK戦へ。これを5対4で制した神村学園が2回戦へ駒を進めた。前々回優勝校の前橋育英が初戦で姿を消している。また、今夏のインターハイ準優勝校の富山一と松本加入内定の山田真夏斗(3年)を擁する立正大淞南の一戦も激戦の展開に。富山一が1対2で迎えた後半38分に碓井聖生(3年)のゴールで追いつくと、PK戦を4対3でモノにし、白熱の攻防を制した。

 その他、静岡学園は6-0で岡山学芸館に快勝。草津東は東久留米総合の追い上げをかわし、4対2で勝ち切った。四日市中央工は主将・森夢真(3年)の2ゴールなどで日大明誠に3-1で勝利を収めた。その他、筑陽学園、明秀日立、仙台育英、矢板中央、専大北上、高川学園、神戸弘陵、丸岡、松本国際、大手前高松が勝ち名乗りを上げた。
1回戦(16日)の結果は以下の通り。
筑陽学園(福岡)1-0 愛工大名電(愛知)
神村学園(鹿児島)0(5PK4)0 前橋育英(群馬)
仙台育英(宮城)1(3PK0)1 五條(奈良)
明秀日立(茨城)1-0 高知(高知)
草津東(滋賀)4-2 東久留米総合(東京A)
静岡学園(静岡)6-0 岡山学芸館(岡山)
四日市中央工(三重)3-1 日大明誠(山梨)
矢板中央(栃木)2(6PK5)2 大分
専大北上(岩手)3-1 龍谷(佐賀)
富山一(富山)2(4PK3)2 立正大淞南(島根)
高川学園(山口)1-0 北海(北海道)
神戸弘陵(兵庫)3-2 秋田商(秋田)
丸岡(福井)3-2 長崎総科大附(長崎)
松本国際(長野)1-0 和歌山工(和歌山)
大手前高松(香川)1-0 帝京大可児(岐阜)

15日の結果
國學院久我山(東京B)8-0 前原(沖縄)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【選手権PHOTO】静岡学園 6-0 岡山学芸館|県勢5年ぶり初戦突破!井堀二昭のハットトリックで6発発進!

【選手権PHOTO】丸岡 3-2 長崎総科大附|河上の2ゴールなどで最後まで粘り強く攻め続け、見事逆転勝利!